このページの本文へ

ワコムタブレットで作成したネームのデータをCLIP STUDIOで読み込める

ワコムの新タブレットがセルシス「CLIP STUDIO PAINT EX」と連携

2013年08月20日 18時41分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マンガ制作の新たなワークフローとなるか

  セルシスが8月20日、マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」のワコムが9月下旬に発売するクリエイティブタブレット「Cintiq Companion Hybrid」との連携を発表した。

 ワコムの新タブレットCintiq Companion Hybridは、パソコンに接続すると液晶ペンタブレットとして、取り外すと単独でAndroidタブレットとして使用できる。Androidアプリ「Wacom Manga Canvas」がプリインストールされており、マンガ制作の最初の工程であるネームをタブレットで製作可能だ。このことにより、場所や環境に制限されず、好きな場所で好きな時にアイデアを形にしていくことがか可能になるという。

 Wacom Manga Canvasで作成したネームはパソコン上でCLIP STUDIO PAINT EXの最新バージョンで読み込める。これにより、ネーム制作をタブレットで、ネーム制作後の残りのマンガ制作の全行程をパソコン上で作業できる。

 Cintiq Companion HybridはSSD 16GBのモデル「DTH-A1300L」が15万8000円、SSD 32GBのモデル「DTH-A1300H」が16万8000円で販売される予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン