このページの本文へ

『レスポンシブWebデザイン』を買ってミニブックをもらおう

2013年08月09日 12時59分更新

文●Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 マルチデバイス対応のWeb制作手法として注目を集める「レスポンシブWebデザイン」について解説した書籍レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック(菊池 崇著、アスキー・メディアワークス刊)が、現在、好評発売中です。

 いま以下の書店で本書を購入すると、購入特典として『レスポンシブWebデザインが3倍ラクになる Flexbox入門』をプレゼント! レスポンシブWebデザインのレイアウトにも便利なCSS3の新機能「Flexbox」について、A5判/16ページにまとめたminiブックです。このminiブックは、今回のために特別に書き下ろした非売品。なくなり次第終了となりますので、ご購入はお早めにどうぞ。

レスポンシブWebデザイン 購入特典設置店

■東京都

  • ジュンク堂書店 池袋本店
  • 紀伊國屋書店 新宿本店
  • 紀伊國屋書店 新宿南店
  • 有隣堂 ヨドバシAKIBA店
  • ブックファースト 新宿店
  • 書泉ブックタワー
  • あおい書店 品川駅前店

■千葉県

  • 三省堂書店 そごう千葉店
  • くまざわ書店 津田沼店
  • 芳林堂書店 津田沼店

※特典はなくなり次第、終了となります。品切れの場合はご容赦ください。また、配布形態は店舗により異なりなります。
※このリストは随時更新します。

「先着限定」のPOPが目印です!

ジュンク堂書店 池袋本店

紀伊國屋書店 新宿本店

あおい書店品川駅前店

書泉ブックタワー

三省堂書店 そごう千葉店

くまざわ書店 津田沼店

芳林堂書店 津田沼店

レスポンシブWebデザイン
マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック


Image from Amazon.co.jp
レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)

菊池崇 著

  • 定価:2,625円 (本体2,500円)
  • 発売日:2013年7月31日
  • 形態:B5変 (232ページ)
  • ISBN:978-4-04-886323-0
  • 発行:アスキー・メディアワークス
  • 発売:KADOKAWA

目次

第1章[導入編]マルチデバイス時代とレスポンシブWebデザインの誕生
[1-1]レスポンシブWebデザインとは
[Follow up1]レスポンシブWebデザインを支える「モバイルファースト」のコンセプト
第2章[基礎編]サンプルで学ぶレスポンシブWebデザインの基本
[2-1]レスポンシブWebデザインのワークフローと画面設計
[2-2]HTMLの用意とリセットCSSの作成
[2-3]フルードイメージの導入とタイポグラフィの基本設定
[2-4]ヘッダー/フッターとコンテンツ領域のスタイリング
[2-5]メディアクエリーの設定とグリッドデザインの導入
[2-6]フルードグリッドへの変換
[2-7]レスポンシブタイプセッティング
[Follow up2]Viewportを理解しよう
[Follow up3]メディアクエリーを使いこなす
[Follow up4]フルードグリッドの必要性
[Follow up5]次の新しい単位「rem」
[Follow up6]スマートフォンで文字を見やすくするテクニック
第3章[実践編]商用サイトで通じるプロのテクニック
[3-1]リセットCSSの最適化
[3-2]Less Frameworkを利用したグリッドレイアウト
[3-3]レスポンシブイメージの実装
[3-4]高解像度ディスプレイへの対応
[3-5]ナビゲーションパターンとレイアウト設計
[3-6]テーブルとビデオのレスポンシブ化
[Follow up7]srcset属性によるレスポンシブイメージの標準化
[Follow up8]デザイニングインブラウザーを助けるツール
第4章[応用編]高度なレスポンシブWebデザインの実践
[4-1]文字数をベースにしたブレイクポイントの設定
[4-2]パフォーマンス改善の基本
[4-3]Data URIとアイコンフォントによるHTTPリクエストの削減
[4-4]画像の最適化によるパフォーマンスの改善
[4-5]ソーシャルメディアボタンの最適化
[4-6]これからのレスポンシブWebデザイン
[Follow up9]パフォーマンス計測ツールの利用
[Follow up10]スマートテレビとレスポンシブWebデザイン

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く