このページの本文へ

シニア向けスマホ「らくらくスマートフォン」に上位機種を追加

NTTドコモ、Google Play対応の「らくらくスマートフォン プレミアム」

2013年07月24日 14時19分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「らくらくスマートフォン プレミアム」、9月下旬から10月上旬の発売を予定している。

 NTTドコモは7月23日、Xi(クロッシィ)対応シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン プレミアム」を発表した。

 「らくらくスマートフォン」の上位機種。「大きな文字表示」や、押すとボタンのような感覚の「らくらくタッチパネル」など、シリーズ独自の操作性を継承した。新たに「dマーケット」や「Google Play」に対応し、アプリのダウンロードが可能になった。

 メインディスプレーは、約4.3インチQHD(540×960ドット)のTFT液晶を採用する。CPUは1.7GHzクアッドコアのAPQ8064Tで、メモリーは、ROMが16GB、RAMが2GB。外側カメラは、約810万画素の裏面照射型CMOSを搭載した。OSはAndroid 4.2を搭載する。

 おサイフケータイ、Bluetooth、赤外線通信などに対応する。本体は、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X)仕様となっているほか、傷がつきにくく、汚れを拭き取りやすい「ウルトラタフガードplus」を採用する。本体寸法、重量などは未定だ。カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色をラインアップする。

 なお、適用されるパケットサービスは、Xiパケ・ホーダイ ライト、Xiパケ・ホーダイ フラット、Xiパケ・ホーダイ ダブルの3種類で、Xiらくらくパケ・ホーダイは利用できないという。

 9月下旬から10月上旬の発売を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン