このページの本文へ

Gメールの新規作成画面、フルスクリーン対応

2013年07月23日 06時59分更新

文● 加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Gメール」で新規メッセージを作成する際、作成画面を開いている間は他のメッセージを閲覧できないことが解消されたのが2013年3月。新規メッセージ作成画面を右下に小さく別枠で表示する方式が採用され、別メッセージを見ながら新規メッセージを作成できるようになった。

 だが、その後多くの要望がユーザーから寄せられ、このたび新規メッセージ作成画面がフルスクリーンで表示されるオプションが用意された。作成画面の右上の「全画面」ボタンでフルスクリーンに切り替えられ、シフトキーでポップアウト。右下で「フルスクリーンをデフォルトにする」にチェックを入れるとフルスクリーンの標準設定となる。

 フルスクリーン表示でメッセージを作成しながら他のメッセージを閲覧するときは、作成画面を「最小化」が必要だ。送信ボタンと書式設定やファイル添付などのツールボタンは、作成画面の下部に配置されている。
右下に小さく表示するスタイルと、フルスクリーンで大きく表示するスタイルを選択できるようになり、使い勝手は向上した。

google full

フルスクリーン表示の一例

■関連サイト


asciicloud

アスキークラウド最新号特集

地デジ普及でクラウド化
グーグルも狙う
テレビ業界

・発売:2013年7月24日(水)
・定価:650円(本体:619円)

最新号の詳細はこちらから

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画