このページの本文へ

スペインでは2日より「ZTE Open」を販売開始

米mozillaが公式発表。「Firefox OS」搭載スマートフォンが発売開始

2013年07月02日 16時29分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

mozilla japan 公式ブログより(7月2日)

 米mozillaは7月1日、「Firefox OS」搭載スマートフォンを近日中に提供開始予定だと発表した。Telefonicaはこれに伴い、欧州時間2日より「ZTE Open」をスペインにて発売した。

 同社の発表によれば、ZTE Openに加えDeutsche Telekomから「ALCATEL ONE TOUCH Fire」がまもなく発売される予定であるほか、近日中に、他のパートナー各社からもそれぞれの市場での提供開始に関する詳細が発表される予定だ。現在提供中および提供予定のパートナー各社は、América Móvil、China Unicom、Deutsche Telekom、Etisalat、Hutchison Three Group、 KDDI、KT、MegaFon、Qtel、SingTel、Smart、Sprint、Telecom Italia Group、Telefónica、 Telenor、TMN、VimpelComの17社となっている。

 Firefox OSを搭載するスマートフォンは、基本機能に加え、Twitter、Facebookに対応する機能や、オフラインでのスマートウォーキングやドライブ、公共交通機関の情報を案内する「HERE Maps」、Firefox Webブラウザなどの機能をそなえるという。HTML5のWebアプリによりデバイス内のあらゆる基本機能にアクセス可能なほか、ダウンロード不要のアプリ検索機能「適応型アプリ検索機能」を備えており、お気に入りのミュージシャン名で検索すればコンサートチケットの購入や楽曲視聴が簡単にできる。ユーザーは専用アプリストア「Firefox Marketplace」にて、ワンタイムユースアプリとダウンロード可能なアプリの両方を購入可能だ。

 なお、今回スペインにて初めて発売されるZTE Openは、2013年2月の「Mobile World Congress 2013」にて発表済みの製品(関連記事)。価格は69ユーロで、主なスペックは、ディスプレーは3.5インチ液晶(HVGA解像度)、メモリーはRAMが256MB、ROMが512MB。そのほか3.2メガピクセルのカメラを搭載する。

     

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン