このページの本文へ

老舗の検索サイト・AltaVista がついに閉鎖

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年07月02日 08時56分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

老舗の検索サイト・AltaVista がついに閉鎖

米Yahoo!は2013年6月28日、提供を終了するサービスを発表し、その1つに老舗の検索エンジン・AltaVista(アルタビスタ)も含まれていることが明らかとなった。AltaVistaは7月8日で閉鎖する。

AltaVistaはDigital Equipment Corporation (DEC) 研究所に所属していたLouis Monierらが開発し1995年12月にリリースされた老舗の検索エンジン。当時は膨大なインデックス量や高速な検索システムで主に英語圏で人気を博し、1996年には米Yahoo!の全文検索サービスとして採用された。しかし、後に登場する Google との競争に敗れることとなる。

2003年2月に検索広告大手の米Overture(当時)に買収されるが、その5ヶ月後には検索事業の強化を進めていた米Yahoo!がOvertureを買収することで、AltaVistaはYahoo!傘下となった。Yahoo!は手中に収めた AltaVista のほか、同時期に買収した AlltheWeb、Inktomi の検索技術を統合して Yahoo! Search Technology (YST) を開発し、検索市場の覇権を巡り Google、Microsoft と激しく争う。しかし Google との競争に敗れ、2009年、Microsoftとの提携を選択し、独自開発を断念する決断をする

AltaVista はサイトとブランド名だけが残り、今日まで細々と運営されていた。

Keeping our Focus on What’s Next [Yahoo! Official]

#
AltaVista は日本語全文検索も優れていたので、日本語で使っていたという人もいますよね。私は AltaVista 中心に使ってました。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く