このページの本文へ

i7-4770、A10-5700搭載モデルも! ハイコスパな3モデル

ASUS、ドライブ内蔵で20cm四方、薄さ4cm以下の小型PC

2013年06月25日 18時05分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

M51AC

 ASUSは6月25日、デスクトップPCの新機種を発表した。

 同社が「デスクトップスタジオ」と呼ぶ「M51AC」はマルチメディア編集向けの機種。CPUには第4世代インテルCore i7-4770(3.40GHz)を採用している。

 GeForce GTX 650、16GB メモリー、1TB HDD、Blu-rayディスクドライブという構成の「M51AC-JP005S」、GeForce GT 640、16GB メモリー、1TB HDDをそなえた「M51AC-JP006S」、CPU内蔵グラフィックスIntel HD Graphics 4600、8GB メモリー、500GB HDDをそなえた「M51AC-JP007S」の3モデル展開。

 価格はオープンで、予想実売価格はM51AC-JP005Sが13万9800円、M51AC-JP006Sが11万9800円、M51AC-JP007Sが9万9800円となっている。M51AC-JP007Sは6月26日、M51AC-JP005SとM51AC-JP006Sは7月中旬以降に発売の予定だ。

主なスペック
型番 M51AC-JP005S M51AC-JP006S M51AC-JP007S
CPU Core i7-4770(3.40GHz)
グラフィックス GeForce GTX 650 GeForce GT 640 Intel HD Graphics 4600(CPU内蔵)
メモリー 16GB DDR3 PC3-12800 8GB DDR3 PC3-12800
ストレージ 1TB HDD 500GB HDD
インターフェース USB 3.0端子×6、USB 2.0端子×4、
DisplayPort×1、HDMI端子×1、DVI-I端子×1、D-Sub端子×1
光学式ドライブ Blu-rayディスクドライブ DVDスーパーマルチドライブ
寸法 約幅175×奥行400×高さ420mm
OS Windows 8 64bit

M11BB

 AMD製APU「A10-5700」を採用した「M11BB」はスタンダードモデルに位置づけられる。メモリー容量は16GBで、ストレージには1TB HDDをそなえた。Blu-rayディスクドライブを搭載し、映像鑑賞にも向くとしている。

 価格はオープンで、予想実売価格は7万9800円。7月上旬以降の発売を予定している。

主なスペック
型番 M11BB-JP003S
APU A10-5700(3.40GHz)
グラフィックス Radeon HD 7660D
メモリー 16GB DDR3 PC3-12800
ストレージ 1TB HDD
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×6
HDMI端子×1、DVI-D端子×1、D-Sub端子×1
光学式ドライブ Blu-rayディスクドライブ
寸法/重量 約幅173×奥行400×高さ360mm
OS Windows 8 64bit

EB1505

 約幅39×奥行193×高さ193mm、約1.2kgの小型筐体が特徴の「EB1505」も登場。CPUにはCeleron 847(1.10GHz)を採用した。4GB メモリー、320GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ搭載と、小型ながら実用的な仕様となっている。

 価格はオープンで、予想実売価格は4万4800円。7月中旬以降に発売の予定だ。

主なスペック
型番 EB1505-B025M
CPU Celeron(1.10GHz)
グラフィックス Intel HD Graphics
メモリー 4GB DDR3 PC3-12800
ストレージ 320GB HDD
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×4
HDMI端子×1、D-Sub端子×1
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
寸法/重量 約幅39×奥行193×高さ193mm
OS Windows 8 64bit

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン