このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Dell史上最高の27インチ液晶一体型! 写真編集に特におすすめ

クアッドHD大画面&Adobe RGB99%対応 ずば抜けたカラーマネジメントを実現した「XPS 27」

2013年06月04日 15時00分更新

文● 週刊アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事は2013年6月4日発売の週刊アスキーから転載し、お届けしています。

Dell Graphic Pro シリーズ 「XPS 27」
  • Dell
  • 20万9980円
  • (プラチナ・タッチパネル・大容量メモリ)
  • 0120-912-342
  • www.dell.jp/xps27

カメラマン 岡田清孝が使ってみた!!

ふだんはsRGB対応のディスプレーを利用しているため、Adobe RGBに99%対応した製品に関心をもっている。

広色域かつ高解像度で
写真編集に最適

 クリエイター向けの"Dell Graphic Pro"シリーズに新しい一体型モデルが登場した。さっそく、写真の編集に使ってみると、深い緑や青が鮮やかに表示された。その理由は広色域なディスプレーにある。一体型では珍しくAdobe RGBのカバー率が99%まで対応。写真を表示するには、現時点ではほぼ最強なSPECを備えている。手持ちの機材でキャリブレーションを試してみると、輝度とコントラストはウィンドウズの機能で調整したが、ほぼ現物に近い色が再現できた。

 そのうえで写真の補正や現像をするときには、2560×1440ドットという高解像度表示が威力を発揮する。レイヤーやヒストリーなど、表示が長くなりがちなフォトショップのレイヤーも余裕で表示できる画面の広さ。ホコリなどのゴミを補正するために100%表示したときも、表示できる範囲が広いので、スクロールの手間がかなり減らせた。さらに、ディスプレーのサイズ自体が27インチと大きいこともプラスになる。同じ100%表示にしたときでも、小さなディスプレーとは違って細かいゴミが見つけやすい。一般的に使われているUXGA解像度に比べると、写真編集の効率を大幅にアップできそうだ。

 6個あるUSBポートはすべて3.0に対応。それよりさらに2倍も高速なサンダーボルト端子も搭載しており、保管用の写真を外付けHDDへとスピーディーに保存できるのもうれしい。

撮影現場でも利用したい

処理速度が速く、一体型なら運搬の手間も少ないので、撮影現場に持ち込めばノートPCよりスムーズに作業できそう

広色域ならではの美しさ

発色が鮮やかなので、写真などは本当にキレイに見られる

広々した作業スペースを確保

フルサイズ表示しても、空いたスペースにパレットが収まる

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン