このページの本文へ

タイトルリストの「詳細表示」など、より使いやすくバージョンアップ

ソニー「RECOPLA」最新版はiPad再生時も「もくじでジャンプ」対応

2013年05月20日 16時51分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
RECOPLA説明ページより

 ソニーは5月16日、複数のBlu-rayディスクレコーダーをまとめて管理、操作できるアプリ「RECOPLA」の最新バージョン1.3.0の配信を開始した。

 

 iOS 5.1以降のiPadに対応し、新機能は以下の通り。

 ・録画番組内の視聴したいコーナーを、一覧から探し再生できる「もくじでジャンプ」機能が、iPadでの番組再生時にも利用できるようになった(パケットビデオ社「Twonky Beam」のインストールが必要)。

 ・タイトルリストの初期画面が「詳細表示」に。左上の「ジャンル」ボタンを押すか、右スワイプで従来のジャンル表示へも変更可能。

 ・番組のソートボタンを長押しすると、録画日時順序などの変更ができる。

 そのほか、動作速度と安定性が向上したという。

 なお、このアプリは、2012年モデルのブルーレイディスクレコーダー、BDZ-EX3000、BDZ-ET2000、BDZ-ET1000、BDZ-EW2000、BDZ-EW1000、BDZ-EW500、BDZ-E500(B/W)、2011年モデルのAX2700T、AT970T、AT950w、SKP75、AT770T、2010年モデルのAX2000、AX1000、AT900、AT700、AT500、KDL-32/26EX30R、KDL-55/46/40HX80R、ブルーレイ/HDD搭載液晶テレビ〈ブラビア〉KDL-46/40/32HX65Rおよび「nasne(ナスネ)」CECH-ZNR1Jの各機種に対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン