このページの本文へ

CENTURY「どれで~もBluetooth」

離れた場所で音楽を聴けるBluetoothオーディオアダプター

2013年05月18日 22時05分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 音声の送信と受信を切り替えて使用できる、Bluetoothオーディオアダプター「どれで~もBluetooth」(型番:CBTTR-AV)がセンチュリーから発売された。

センチュリーから発売された音声の送信と受信を切り替えて使用できる、Bluetoothオーディオアダプター「どれで~もBluetooth」

 この製品は、音声の送信と受信を切り替えて使用できる、Bluetoothオーディオトランスミッター/レシーバー。送信モードでは、本体とオーディオケーブルで接続されたTVやオーディオ機器からの音声を、Bluetooth対応スピーカーおよびヘッドフォンなどで聴ける。受信モードでは、Bluetooth対応スマートフォンからの音声を、本体と接続したコンボやヘッドフォンで楽しめる。さらに送信モード用と受信モード用に2台組み合わせれば、さまざまな機器を離れた場所から聴くことも可能だ。

Bluetooth対応スマートフォンからの音声を、本体と接続したコンボやヘッドフォンで楽しめる

 有効範囲は10mで、Bluetoothバージョンは2.1。マルチペアリングは送信モードで1台、受信モードで8台まで。マルチポイントには非対応で、製品には専用充電USBケーブル、オーディオケーブルなどが付属する。サイズは35(W)×51.5(D)×8.6(H)mm、重量約50gのコンパクトボディに、送信モード時約11時間、受信モード時約6時間のバッテリーを内蔵する。
 価格は4800円で、パソコンハウス東映で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中