このページの本文へ

光デジタル出力端子も搭載

apt-X対応、4999円のBluetoothオーディオレシーバー

2013年06月28日 15時46分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DN-84476」

 エバーグリーンは6月28日、光デジタル出力付Bluetoothオーディオレシーバー「DN-84476」を発売した。

 コンポやAVシステム、アクティブスピーカーなどをBluetoothに対応させるオーディオレシーバー。同製品を使用すれば、新たにBluetooth対応のオーディオ機器を購入せずともiPhoneのほかBluetooth対応のスマートフォン、タブレット、PC内の音楽を無線で転送し、手持ちのコンポでの再生が可能だ。

使用例接続イメージ

 通信方式は、Bluetooth 3.1+EDR、対応するプロファイルはA2DP。オーディオコーデックは、SBCに加え、遅延の少ないapt-Xを搭載する。apt-Xに対応したBluetooth機器と組み合わせて使用すれば、通常接続よりも高音質で音楽を再生できるという。通信距離は約10m(見通し距離)。

 ホワイトの接続ランプのみを前面にそなえた曲線的なデザインの筐体となっている。インターフェースは、背面には3.5mmステレオミニジャック×1のほか、光デジタル端子×1を装備し、別売りのケーブルで光デジタルの使用が可能だ。また、RCAケーブルを付属しアナログ接続にも対応する。

 外形寸法は、約幅89×奥行77×高さ30mm。重量は約55g。RCAケーブルのほか、3.5mmステレオミニケーブル(1.8m)、電源用ACアダプターを同梱する。

 価格は4999円で、同社の通販サイト「上海問屋」にて購入可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン