このページの本文へ

ヤフー、政治家HPの「のっとり」を防ぐサービス開始

2013年05月14日 16時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 公職選挙法の改正により、公示・告示後の選挙期間中でも、ホームページをはじめブログ、ツイッターやフェイスブックといったSNSなどを通じて選挙運動が行えるようになる。いわゆる「ネット選挙」が解禁となったわけだが、解禁後初の国政選挙となる2013年夏の参議院議員通常選挙を目前にし、ヤフーとデジタルハーツは協業で、政治家ホームページ向けに「サイバーセキュリティサポート」の提供を開始した。

 「ネット選挙」が解禁されると、政党や政治家からインターネットを通じた情報発信機会が活発になる。これは同時に、選挙候補者、国会議員および政党のホームページに不正行為を働く危険性が高まることも予想される。そこで「サイバーセキュリティサポート」では、選挙候補者等のホームページのセキュリティホールの有無を調査し、外部侵入による情報漏洩の可能性(脆弱性)を診断。「テクニカルレポート」をまとめて報告し、選挙に向けた情報発信の場が不正にのっとられることを防ぐ。

 ヤフーは「Yahoo!みんなの政治」を公開するなど、Yahoo! JAPANを通じて政治と選挙に関するさまざまな取り組みを実施してきた。今回はデジタルハーツとの協業によるサービスだが、今後も共同で益な政治情報を提供し、サービスの充実を図っていくという。

yahoo seiji
Yahoo! JAPANの政治と選挙に関する取り組みとして2006年2月から「Yahoo!みんなの政治」を公開

■関連サイト

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ