このページの本文へ

縦型防水ハンディカムにプロジェクター内蔵モデルが!

2013年05月15日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GWP88V」と「GW66V」

「GWP88V」と「GW66V」

 ソニーから、プロジェクター内蔵の防水ビデオカメラ「GWP88V」が発表された。6月21日発売予定で予想実売価格は6万円前後。

背面上部にプロジェクターボタンを装備

GWP88Vは背面上部にプロジェクターボタンを装備

液晶パネル背面にプロジェクターを内蔵

液晶パネル背面にプロジェクターを内蔵

 同社は(防水仕様ではない)通常のビデオカメラの上位機種にプロジェクター内蔵モデルをラインナップしているが、縦持ちスタイルのビデオカメラにプロジェクターを内蔵するのは初となる。

本体底面に自立スタンドを装備

本体底面に自立スタンドを装備

本体前面に録画ボタンを装備。自分撮りも可能だ

本体前面に録画ボタンを装備。自分撮りも可能だ

 解像度は640×360ドットで明るさは13ルーメン、0.5m以上の距離で最大100インチのサイズで投影が可能。プロジェクター投影部は液晶背面に位置するため、液晶を開いた状態で設置する必要があるが、本機はそのために底面に自立用スタンドを収納している。なお、バッテリーによる連続投影時間は70分ほどとなる。

 撮像素子は有効502万画素のExmor R CMOSセンサーを採用。光学ズームは10倍で、エクステンデッドズームで17倍までの拡大が可能。内蔵メモリーは16GBで、液晶パネルは3型(46万画素)となっている。

 記録フォーマットはAVCHD(2.0)、MPEG-2に加え、新たにMP4での記録も可能。MP4では720/30p(約6Mbps)で保存できる。

電池室近くに端子類を装備。フタを見るとわかるとおり防水仕様だ

電池室近くに端子類を装備。フタを見るとわかるとおり防水仕様だ

広角23.8mmで撮影できるワイドコンバージョンレンズ(希望小売価格7350円)が装着可能。水中での倍率は0.9倍になる

 防水性能は従来の水深5mから10mまでとなり、加えてマイナス10度まで耐えうる耐低温性も追加。1.5mからの落下に耐えうる耐衝撃性と防塵性は従来機を踏襲する。

 このほか、バッテリーが新型になり、従来の1時間30分(実撮影時間45分)から2時間(同60分)と撮影可能時間が約30%向上している。

2色のボディーカラーを用意する「GW66V」

 なお、プロジェクターとメモリーを内蔵しない下位モデル「GW66V」も同時に発売される。上記以外の基本スペックはほぼ同等で、予想実売価格は4万5000円前後となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画