このページの本文へ

タッチ機能を搭載

ワコム、21.5型ワイド液晶ペンタブレット「Cintiq 22HD touch」を発表

2013年04月30日 20時14分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワコムは30日、液晶ペンタブレット「Cintiq 22HD touch」を5月17日に発売すると発表した。2012年7月に発売された「Cintiq 22HD」にタッチ機能を搭載したモデルで、マルチタッチに対応している。価格は24万8000円。

「Cintiq 22HD touch」

 Cintiq 22HD touchは、21.5型ワイドのフルHD(1920×1080ドット)IPS液晶パネルを搭載している。表示色は1677万色、最大輝度は210カンデラ、コントラスト比は900:1。視野角は垂直・水平それぞれ178度となっている。2048段階の筆圧感知と±60レベルの傾き検出機能に対応する。マルチタッチ・ジェスチャーに対応し、指のタッチ操作で画面の回転や拡大・縮小が可能だ。

マルチタッチに対応画面は360度回転が可能

 画面は360度回転が可能で、チルト角度を30~80度調整できる。また、画面両サイドにはそれぞれ8個のファンクションキーを備えており、作業スタイルによってカスタマイズが可能だ。映像の入力端子はDVI-I端子を備えている。また、PCとUSB接続する必要がある。

 本体にはスタンド、グリップ付きのペン、太径ラバーグリップ、ペンスタンド、替芯等が付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン