このページの本文へ

24型ワイドになった液晶タブレット Cintiq 24HDが発表

2011年09月13日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Cintiq 24HD

 ワコムは13日、プロフェッショナル向けの液晶ディスプレー一体型タブレット「Cintiq」シリーズの新製品として、ワイド画面になった「Cintiq 24HD」を発表した。価格はオープンプライスで、同社直販サイトでの販売価格は27万8000円。10月1日発売の予定。

 Cintiq 24HDはワイド液晶ディスプレーの普及を受けて待望されていた、高解像度のワイドディスプレーを備えた液晶タブレットの新製品である。視野角に優れたIPS液晶パネルを使い、表示解像度は1920×1200ドットのワイドサイズとなっている。色域も広く、Adobe RGBカバー率は92%に相当する。映像入力端子としては、DisplayPort、DVI、アナログRGB端子を備えている。

本体は頑丈なアームに装着されている。アームにあるパドル上の部分が固定スイッチを兼ねているアームを低く倒せば、見下ろしての作業がしやすい位置まで下ろせる

 ディスプレー本体は上下に稼働するアームを介して、本体よりも重いという頑丈な台座部分に装着されている。アームは上下に角度を変えるほか、ディスプレー部分の角度も変わるので、垂直に近い状態から見下ろしての作業に適した浅い角度まで、自在に稼働する。本体は台座から取り外しも可能で、本体の重さ約13kgに耐えられるモニターアームに装着することも可能である(VESA規格200×100mmに対応)。台座を含めた総重量は約28.6kg。

 タブレットのセンサー部分は、同社のハイエンドタブレット「Intuos4」相当の機能を内蔵。「筆圧感知レベル 2048レベル」「1gのペン荷重感知」といった高精度センサーにより、微妙な手書きの書き味も表現できる。また左右対称のデザインも継承している。

左右には操作キーパネル「エクスプレスパッド」を装備。タッチホイールと5個のファンクションキー、3個のタッチホイール切り替えボタンがそれぞれ左右に1組ずつ装備されている

 本体には「Intuos4グリップペン」と替え芯、ラバーグリップやペンスタンドなどが付属する。対応OSは、Windows 7/Vista SP2/XP SP3以降とMac OS X 10.5.8以上。OS X Lionでの動作は検証中とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン