このページの本文へ

Androidスマホ・iPhoneともに通信最速はソフトバンク

2013年04月09日 16時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3キャリアのうちで通信速度が一番速いのはどのキャリアか? そんな疑問に答える調査結果が明らかとなった。

 MMD研究所は、3月21日~27日にAndroidスマホとiPhone 5を対象として、全国主要都市(23都市・100ヵ所)での「2013年3月スマートフォン キャリア・地域別通信速度比較調査」を実施。その結果を発表した。

 まず、Androidスマホについて、通信スピードの全国平均でダウンロードの平均は、トップがソフトバンクモバイルの27.04Mbps、2位がauで20.27Mbps、3位がNTTドコモで15.37Mbpsとなった。Androidの4G/LTEエリアについては、全国100ヵ所中でauが100ヵ所のトップとなり、2位はNTTドコモが97ヵ所、3位はソフトバンクモバイルが91ヵ所。ソフトバンクモバイルが最速、auが4G/LTEエリアで広範囲だった。

 iPhone5についてソフトバンクモバイルとauを比較すると、通信スピードの全国平均でダウンロードの平均は、ソフトバンクモバイルが9.88Mbpsでauが7.93Mbps。iPhone 5の4G/LTEエリアについては、全国100ヵ所中でソフトバンクモバイルが97ヵ所、auが84ヵ所となった。

 通信スピードは、AndroidスマホとiPhone 5がともにソフトバンクモバイル。4G/LTEエリアで広範囲だったのは、Androidスマホがau、iPhone 5がソフトバンクモバイルという結果になった。

 今回の調査は、スピードテストでは「RBB TODAY SPEED TEST」アプリにて計測。使用した端末は、NTTドコモがXperia Z SO-02E、auがHTC J butterfly HTL21とiPhone 5、ソフトバンクモバイルがAQUOS PHONE Xx 203SHとiPhone 5。

android iphone
「AndroidとiPhoneの全国100ヵ所通信スピード」(MMD研究所調べ)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ