このページの本文へ

Antec「HCP-1000 Platinum」

Antec製の1000WハイエンドPLATINUM電源ユニット

2013年04月06日 23時33分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 80PLUS PLATINUM認証を取得したAntec製の1000W電源ユニット「HCP-1000 Platinum」が発売された。独自のPhaseWave Designを採用する。

80PLUS PLATINUM認証を取得したAntec製の1000W電源ユニット「HCP-1000 Platinum」

 製品は、ATX12V Ver2.31/EPS12V Ver2.92に準拠。Antec独自のPhaseWave Designを採用し、ノイズの発生や伝達ロスを抑制するワイヤーレス基板、高周波ノイズとスイッチング損失を抑制したフルブリッジLLC回路、優れた変換効率を実現するDC-DCコンバーターを搭載する。
 また、世界初となる20+8ピンのMBUソケットを搭載し、将来的に採用される28ピンATX電源コネクター仕様のハイエンドマザーボードにもいち早く対応している。さらに12V出力用16ピンソケットを備える点も特徴だ。そのほか2つの電源ユニットを同期接続させるOC linkコネクターを装備。+12Vは4系統各40A出力で、ハイエンド構成でも安定かつ強力な電力供給が可能という。

Antec独自のPhaseWave Designを採用。より長寿命で安定した電圧を提供する
価格は高いが素性のはっきりしたハイエンド電源を探している人にはオススメ

 ケーブルはすべて取り外し可能なフルモジュラー式を採用。搭載冷却ファンは135mm口径の2ボールベアリングタイプで、温度状況に応じて回転数を制御するファンコントローラー機能およびサーマルマネージャーを搭載する。本体サイズは150(W)×190(D)×86(H)mm、重量は約2.18kgで、製品保証は7年間。
 価格はパソコンショップアークで2万9800円、ツクモパソコン本店で3万2800円となっている。

ケーブルはフルモジュラー式を採用。20+8ピンのMBUソケットや12V出力用16ピンソケットを備える

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中