このページの本文へ

端末全体ではなく、アプリケーションとコンテンツのみを管理

BYOD 2.0を実現するSaaS「F5 Mobile App Manager」

2013年03月14日 12時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月14日、F5ネットワークスジャパンは、モバイル端末向けのアプリケーション管理ソリューション「F5 Mobile App Manager」を発表した。

 F5 Mobile App Managerの従業員の個人所有のモバイル端末から業務用のアプリケーションとデータへのセキュアでアクセスを提供する。一方で、従業員側ではApp Wrapper 機能により、端末内の個人情報をそのまま利用・管理できるほか、IT部門からの情報閲覧やコンテンツの自動削除、端末機能の使用制限などを避けることが可能。そのため、従業員も安心して自身のモバイル端末を業務利用できるという。

 対象となる企業アプリケーションには、メール、セキュアなWebブラウザ、企業アプリケーション、アプリケーション・ストアなどからダウンロードできるコンテンツなどが含まれる。同社では、個人のモバイル端末全体を管理する従来のMDM(モバイルデバイス管理:Mobile Device Management)と異なり、端末上にある企業コンテンツとアプリケーション部分のみを管理できる「BYOD 2.0」のソリューションと位置づけている。

Mobile App Managerの主な機能(同社サイトより抜粋)

 F5 Mobile App ManagerはSaaS型サービスとして提供され、PINと暗号化により、安全にアプリケーションにアクセスできるという。また、「BIG-IP Access Policy Manager(BIG-IP APM)」と併用することで、VPNを構築することも可能になる。

 価格は未定で、2013年6月より提供開始する予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ