このページの本文へ

売上120%アップも! 「Googleショッピング」代行サービスが本格スタート

2013年03月13日 16時00分更新

加藤宏之/アスキークラウド(HEW)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 検索サイト大手のグーグルでは、商品検索サービス「Googleショッピング」を提供しているが、なかでも特に注目される機能は、2012年6月からスタートした「商品リスト広告」。たとえば、「メンズシューズ」というワードでグーグル検索すると、結果の表示画面の右に「Googleショッピング検索結果 スポンサー」として、商品写真や商品名、価格などがリスト表示される。

 従来のリスティング「アドワーズ」ももちろん検索結果画面の上にリスト表示されるが、表示が写真付きである否かが大きな違い。「商品リスト広告」は、写真によってひと目で欲しい商品であるかどうか確認できるため、検索ユーザーへの訴求効果が高まると期待できる。

 そこで、GMOペイメントゲートウェイが新たに提供を開始したのが「Googleショッピング商品掲載代行サービス」。同社は、GMOインターネットグループで非対面クレジットカード等の決済事業を展開し、GoogleやYahoo!の認定代理店としてリスティング広告運用代行も手がけてきた。

01GMO
Googleショッピング商品リスト広告の表示例

カテゴリートップへ

ピックアップ