このページの本文へ

新機能とコンピューターモジュールを追加

ATENのKVMスイッチ、最大18ユーザーの同時アクセス可能に

2013年03月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ATEN (エイテン)ジャパンは、単体で最大9カ所のコンソールポートから別々のサーバーに同時アクセスできるマトリックスKVMスイッチ「KM0932/KM0532」、これらの製品とのデイジーチェーン接続用ポート拡張ユニット「KM0032」に新機能を追加したバージョンを発表した。

 

 また、本モデルの対応コンピューターモジュールの新製品として、スマートカードリーダー対応の「KA7177」と、デュアルバス対応の「KA7178」の計2機種を発表した。

スマートカードリーダー対応の「KA7177」デュアルバス対応の「KA7178」

 KM0932は通常単体で9コンソールまで利用できるが、KA7178をそれぞれ2台のKM0932のPCポート側に接続することにより、最大18(9×2)コンソールまでユーザー数を増設できるという。また、コンソールの接続に使用するコンソールモジュール(KA7230、KA7240)のライン入力ポートにマトリックスKVMスイッチをそれぞれ接続し、サーバーはデュアル出力対応のKA7178で接続すると、そのサーバーへのパスを二重化できる。片方のパスが利用できなくなると、自動的にもう片方のパスに切り替えるため、操作が中断されることがなくなるという。

 さらにKMシリーズV2.0.192以降のファームウェアバージョンでは、コンソールとポートをグルーピングできる。これにより、マルチヘッドのビデオ出力に対応したサーバーもマトリックスKVMスイッチの配下に組み込んで管理することが可能になるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ