このページの本文へ

iOS版のTwonky Beamが、録画番組のムーブ/ダビング対応

2013年03月04日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パケットビデオはDLNA用アプリ「Twonky Beam」のiOS版を3.4.1にバージョンアップ。家庭内LAN内にあるHDDレコーダーなどから、DLNA/DTCP-IPの機能を用いて、動画データのダウンロードに対応した。なお、本機能の利用にはスマートフォンやタブレットなどからのリモート操作で、動画をDTCP-IPでムーブ/ダビングする機能を持つレコーダーが必要。

Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ App
価格無料 作者PacketVideo
バージョン3.4.1 ファイル容量17.2 MB
カテゴリーエンターテインメント ユーザーの評価(3)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

 DTCP-IP機能を利用するには、Twonky Beamのアプリ内課金で「プレミアム・パッケージ」(700円)を購入しなければならない。ただし、3.3.5以前のバージョンですでにDTCP-IPの機能を利用していたユーザーは、3.4.1にアップデートしても引き続き利用可能である。

 この動画ダウンロードは、同名アプリのAndroid版では1月の時点で対応していた機能。iOS版でも実現が待望されていた。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中