このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「劇場版 とある魔術の禁書目録」の謎に迫る第1回

劇場版大ヒット上映中!

『とある魔術の禁書目録』情報を再確認して映画館にGo

2013年03月01日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週末から全国ロードショーが始まっている『とある魔術の禁書目録』を原作とする劇場映画「とある魔術の禁書目録 ―エンデュミオンの奇蹟―」。今回は、その魅力に迫るべく、映画のあらすじや登場するキャラクター、背景にある設定を紹介しよう。

「とある魔術の禁書目録 ―エンデュミオンの奇蹟―」

原作はシリーズ累計1400万部! 満を持して映画化

『新約 とある魔術の禁書目録(6)』著者:鎌池和馬/イラスト:はいむらきよたか/定価:683円/電撃文庫/最新6巻発売中

 『とある魔術の禁書目録』(著者:鎌池和馬)とは、電撃文庫で刊行中の人気シリーズ。人口230万人弱の巨大な都市「学園都市」を舞台として、主人公「上条当麻」が科学サイドと魔術サイドから起こる事件に巻き込まれ、それを解き明かしていく作品だ。

 また、同作品のスピンオフ『とある科学の超電磁砲』(月刊コミック電撃大王で連載中)も、アニメ第二期の放映が予定されている。

 原作となる電撃文庫『とある魔術の禁書目録』は、現在シリーズ累計1400万部を突破。スピンオフを含めたコミカライズ、2回のTVアニメ、さらにはゲーム化と、さまざまなメディアミックスが行なわれている、電撃文庫作品のなかでもトップクラスの人気を誇る作品だ。

右手に異能の力を打ち消す「幻想殺し(イマジンブレイカー)」を宿している主人公「上条当麻」

TVシリーズスタッフが再集結!
原作者全面協力の完全オリジナルストーリー

 「とある魔術の禁書目録 ―エンデュミオンの奇蹟―」は、原作者全面協力体制で贈る完全オリジナルストーリー。ストーリー詳細はもちろんのこと、軌道エレベーターのコンセプトをはじめとした学園都市や魔術サイドの新設定、それに伴うキャラやシーンのサンプルテキストなど、鎌池和馬氏自らが原稿を書き下ろしている。

 監督は錦織博氏、アニメ制作はJ.C.STAFFと、TVシリーズのスタッフ陣が再集結。さらに劇場版では、脚本に「アクセル・ワールド」「マクロスF」の吉野弘幸氏を起用している。

あらすじ

 学園都市製宇宙エレベーター「エンデュミオン」。
 その完成を目前に控えたある日、上条とインデックスは無能力(レベル0)の少女・鳴護アリサと出会う。路上ライブで素晴らしい歌声を披露していた彼女を意気投合し、放課後を楽しんでいたところ、アリサにオーディション合格の知らせが舞い込む。エンデュミオン開通キャンペーンのイメージソングに、彼女の曲が大抜擢されたのだ。そんな幸せもつかの間、魔術師を引き連れたステイルが突如襲いかかってくる。ターゲットは、アリサ。なぜ科学サイドの人間である彼女が魔術サイドに狙われるのか? 魔術サイドの強襲を受け、学園都市側は女リーダー・シャットアウラ率いる秩序維持部隊「黒鴉部隊(くろからすぶたい)」を展開する。上条とインデックス、そしてアリサを取り巻く状況が混迷を極める中、ステイルは、こういった。

 「そこの彼女は、魔術サイドと科学サイドの間で戦争を引き起こしかねない」 と――。

 科学と魔術、そして、歌と奇蹟が交差するとき、「エンデュミオン」を舞台に物語がはじまる――!

舞台は学園都市製の宇宙エレベーター「エンデュミオン」

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ