このページの本文へ

決算前の予算消化にもお役立ち?

「10万円未満」の予算で快適マシンをカスタマイズせよ!

2013年02月19日 15時10分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“期またぎ作戦”で満足度アップを図る

 いっぽうでデスクトップPCだが、こちらはかなり悩んだ。一般的にノートPCと比べ、デスクトップPCのほうがカスタマイズの幅はぐんと広がるわけだが、それだけに性能面で高望みしてしまうのが人の情である。ここで「10万円未満」という縛りに囚われて、いわゆる“小さくまとまった”構成にしてしまうのは、いささか残念な感じがしてならない。

 ……という風に思案を重ねた末、今回は「10万円未満」の予算で、のちのちHDDを大幅に増強することを想定した、いわゆるアウトライン的な1台を組み上げることにした。

 ベースとしたのは、インテル第3世代CPUの搭載が可能な「Endeavor MR4300E」。スリムタワー型ではあるが、自らの手によるHDD等の増設も比較的しやすく、またディスプレー出力用としてDVI-DとVGAの2系統を搭載しマルチモニターに対応するなど、標準搭載される端子類も豊富だ。

豊富にBTOメニューが用意されたスリムタワーPC「Endeavor MR4300E」

 OSはWindows 7 Professional 64bit、CPUはCore i5-3470(3.20GHz)をそれぞれ選択した。これら2つは、先のノートPC編でも紹介した「年度末決算セール」の対象となっており、両方あわせて定価から1万500円の割引となっている。

本体前面のふたを開けると、各種カードに対応したメモリースロットがある

 また、ストレージに関しては追ってHDDを大幅増強することを想定しており、今回はデータアクセスの高速化を狙って128GBのSSDをチョイス。メモリーはノートPCと同様に4GB(2GB×2)と、デュアルチャンネルでの動作ができるようにしている。

 この段階では、キャンペーンによる割引もあり、製品価格は8万円を少し上回る程度。そこで、1万5750円の21.5型ワイド液晶「LD22W62S」を追加する。これで、ちょうど良く予算内に収まるはずだ。

低消費電力が自慢のフルHD液晶ディスプレー「LD22W62S」

Endeavor MR4300Eをベースとしてカスタマイズした構成は以下のとおり。価格は9万9120円で「10万円未満」という予算を最大限に有効活用できる仕様になった。

『Endeavor MR4300E』

OSWindows 7 Professional 64bit
CPUCore i5-3470(3.20GHz)
メモリー4GB(2GB×2)
ストレージ128GB SSD
光学ドライブDVD-ROM
その他の主なオプション21.5型ワイド液晶
価格9万9120円(税込)

(次ページ、「メリハリある構成がベストバイの秘訣」に続く)


 

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中