このページの本文へ

ドコモがマガシークにTOB、ネット通販事業を拡大

文●通販通信

2013年02月01日 01時13分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ)は1月30日、衣料品通販サイトを運営するマガシークに対し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

 ドコモは、 1月31日から3月14日までの期間で、マガシークの普通株式8829株(保有比率約41.67%)以上の取得を目指す。また、マガシーク株を1万3640株保有する伊藤忠商事が所有する8342株(保有比率約39.37%)について同公開買い付けに応募する。買い付け金額の上限は21億5000万円。

 ドコモは、2012年12月より「コマース事業」において、スマートフォンやタブレットからネットショッピングを利用できるサービス「dショッピング」を開始しており、今回のTOBによって、ファッションEC市場における事業拡大を目指す

 マガシークは、衣料のネット通販サイト「MAGASEEK」を展開し、20~30代女性を中心に一定規模の顧客基盤を有している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く