このページの本文へ

「InfoSphere Data Explorer V8.2」

絞り込み機能が充実!IBMが社内データ可視化ソフトウェア

2013年01月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月28日、日本IBMは全社のデータを自動検索して1つのポータル画面に可視化することで社内データへのアクセスを容易にするソフトウェア「InfoSphere Data Explorer V8.2」の販売開始を発表した。

データ形式や保管場所を問わず、全社データをポータル画面に可視化する「InfoSphere Data Explorer V8.2」

 InfoSphere Data Explorerは、データベースやメール、文書ファイルやWebページなどデータ形式を問わず、また物理的に異なるサーバーに格納されるなど保管場所も問わずに、社内のデータを1つのポータル画面にメニュー表示しキーワード検索機能を提供。キーワード検索を行なうと、

  • 複数得られた検索結果を他のキーワードによって分類した結果
  • 検索キーワードを含む情報がいつ頃多く作成されているか
  • これまでにどれくらい閲覧されているか

など、キーワード検索で得られた膨大な情報から必要情報を絞り込むためのヒントとなる情報が複数表示される。

 また、閲覧した情報にタグをつけることで再検索を容易にしたり、コメントを追加することで、他のユーザーに自身の知見を共有できるなど、コラボレーションの機能も提供するという。

 Data Explorer V8.2の使用料金は、527万3000円からとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!