このページの本文へ

マガシークがWEB展示会を開催、若手デザイナーを支援 

2013年01月10日 00時47分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Collective Showroom WEBサイトイメージ マガシークは1月9日、日本の有望な若手デザイナーを支援するWEB展示会「Collective Showroom WEB」を同日から31日まで開催すると発表した。

 日本初となる同WEB展示会は、日本の若手デザイナーを支援しマーケットに発信することで、日本のファッション全体を底上げしたいと考えるマガシークと、「Collective Showroom」のコンセプトが合致したことにより実現したイベント。

 マガシークは、消費者に広く訴求できるWEBの特性と同社の会員基盤を活用し、展示会に合わせてMAGASEEKサイト内で先行受注会を開催することで、ブランド単独では難しかったサイト制作やプロモーション、受注、配送、カスタマーサポートなどEC面からの支援を行う。

 「Collective Showroom」は、様々なジャンルの才能を世界各地から集結させたリアル合同展示会として2010年に開始。ファッションシーンにおける新しい発見とコレクションを世に送り出す場として注目されている。

 ■「Collective Showroom WEB概要」
http://mseek.jp/collective

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く