このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

国内シェアトップ「デル」が挑む新戦略に迫る第2回

シネスコ映画鑑賞から漫画喫茶のペアシートまで!? 使い方は自由自在

19インチ2枚分の超ワイド!デルの21:9液晶「U2913WM」

2012年12月19日 11時00分更新

文● 村山剛史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デルの液晶ディスプレー「U2913WM」(発売中/3万9980円)

SXGA×2よりも広い! 常識外れのディスプレーが国内新登場

 デルから発売した「U2913WM」は、21:9という珍しいアスペクト比を採用した液晶ディスプレーだ(関連記事)。

 パネルサイズは29型で、解像度は2560×1080ドット。ちょうどSXGA(1280×1024ドット)の19型ディスプレーを横に2台並べたのと同程度のサイズ・解像度を1枚のパネルで実現している。これまでにない横長の画面に対して、無条件に物欲が湧き上がってしまう読者も少なくないだろう。

豊富なインターフェースで使い勝手も◎

 まずは液晶ディスプレーとしての基本スペックから見ていこう。

 高視野角で発色にも優れた「AH-IPS」パネルとLEDバックライトを採用しており、最大視野角は垂直・水平ともに178度と良好。sRGB色空間カバー率は99%以上となっているほか、色補正も工場出荷時に完了しているため(色補正報告書が同梱)、梱包から出して接続するだけでOK。面倒な補正操作要らずだ。

高解像度でも縦方向の圧迫感が少ない

 市場ではU2913WMの2560×1080ドットよりもさらに広い、WQHD(2560×1440ドット)液晶ディスプレーも販売されている。縦方向の情報量がより多くなるが、主流の27型クラスはドットピッチが狭く、やや見づらい面もある。とはいえ、それよりも大型の30型クラスになると相応の設置面積が必要。

 一方本機は縦方向のサイズが抑えられているので、机に置いた際の圧迫感も驚くほど少ない。それでいて、見やすいドットピッチと十分な情報量を両立。縦方向の解像度もフルHDと同じだけ確保しているので、作業面での快適さは十分といえるだろう。

正面から見て、画面を最も高くしたときと、最も低くしたとき。元々、大きさの割に圧迫感は少ない製品だが、画面を低くすると一層こじんまりして見える

 入力端子も豊富で、HDMIやデュアルリンクDVI-D、DisplayPort(DP)といった必須の端子はもちろん装備。さらに薄型化のためフルサイズの端子が搭載できないウルトラブックなどで採用例が増えつつあるMini DisplayPort(miniDP)端子を持つ点に注目。同梱ケーブルには一方がminiDP、もう一方がDPになっているものも用意されている。

 DPは入力端子と出力端子の両方を持つので、デイジーチェーン接続で、ディスプレーを追加し、さらに広大なデスクトップ環境を手に入れることも可能だ。

背面下部にズラリと並ぶインターフェース群。アナログRGB(入力)、DisplayPort(入力)、miniDP(入力)、DVI-D(入力)、HDMI(入力)、DisplayPort(出力)、音声(出力)、USB 3.0(アップストリーム)、USB 3.0(ダウンストリーム)×2などを搭載。各端子にはアイコンがシルク印刷されているので判別は容易だが、DisplayPort接続時は入力と出力を間違えないようにしたい

 本体には上述のDPケーブルのほか、DVIデュアルリンクケーブルやUSB 3.0アップストリームケーブルなども付属。新しくケーブルを買い足す必要がない。

 miniDPはデルのウルトラブック「XPS」シリーズにも採用されているが、ケーブルや変換アダプターを追加購入しようと思うと、2000円程度の出費は覚悟しなければならない。手軽にウルトラブックのセカンドディスプレーにできるのはメリットと言えるだろう。

 しかも、これだけテンコ盛りな仕様にもかかわらず、価格は4万円以下と大変リーズナブル。機能、品質、価格のバランスという点でも絶妙な立ち位置を築いている。

操作ボタンはベゼルの右下に並んでいる。よく使う設定項目はショートカットに保存できる

 現時点でスペック・機能・コスト面がすべてバッティングする競合製品はまだ登場しておらず、液晶ディスプレーにしては珍しいオンリーワン製品と言えるだろう。

周辺機器のケーブル整理もU2913WMにお任せ!

 スタンドは電源ケーブルなどをまとめる穴が空いているほか、左側面にはUSB 3.0のハブが2つ付いているので、うまく活用すれば机上の周辺機器とそのケーブル類をきれいにまとめられる。「横幅がある製品だから机上のスペースが心配」という人も安心だ。

背面。スタンドにはケーブルをまとめるための穴が空いている側面。薄さが際立つデザインだ。左側面にはUSB 3.0×2を搭載
U2913WMの主なスペック
パネル 29型ウルトラワイドスクリーン
(AH-IPS方式/非光沢)
アスペクト比 21:9
解像度 2560×1080ドット
コントラスト比 1000:1(ダイナミックコントラスト時/最大200万:1)
バックライト LED
最大輝度 300cd/m2
応答速度 8ms(Gray T0 Gray)
最大視野角度 垂直・水平ともに178度
色域 sRGB比99%、NTSC比82%(CIE 1976)
入力端子 デュアルリンクDVI-D、DisplayPort 1.2、Mini DisplayPort 1.2、HDMI、アナログRGB
出力端子 DisplayPort出力、オーディオ出力、デル製サウンドバー(AX510)用電源端子
USBハブ機能 USB 3.0×4(USB 3.0アップストリーム×1)
サイズ(スタンド含) 幅699.8×奥行き194.2×高さ358.7~487mm
重量(梱包時) 11.35kg

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン