このページの本文へ

ヤフーとカカオジャパンが提携、「カカオトーク」を共同展開

文●通販通信

2012年10月23日 01時04分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ヤフーは10月19日、韓国のKAKAO Corporationの子会社であるカカオジャパン(本社:東京都)に資本参加すると発表した。

 カカオジャパンの株式をKAKAO CorporationとYahoo! JAPANが各50%保有。カカオジャパンは、2社が資本出資する合弁会社となる。

 提携により、日本国内でカカオジャパンが運営している無料メッセージサービス「KAKAO TALK(カカオトーク)」をはじめとしたサービスを、今後はYahoo! JAPANと共同で展開する。

 「KAKAO TALK」は、利用しているユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・チャットが楽しめるスマートフォンアプリ。日本をはじめ世界216以上の国や地域で6500万人(2012年9月末時点)が利用している。

 ■「KAKAO TALK」(http://www.kakao.com/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く