このページの本文へ

HTCのミドルスペックスマホ「Desire X」はカメラがスゴイ!

2012年10月11日 10時00分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高性能なカメラやオーディオ機能を搭載する、台湾HTC製のミドルレンジスマートフォン「Desire X」(型番:T328e)が登場。イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店に入荷している。カラバリはホワイトとネイビーの2色。

手頃なサイズのHTC製スマートフォン「Desire X」がアキバ初登場。デュアルコアでAndroid 4.0搭載のミドルレンジモデルだ
カラバリはホワイトとネイビーの2色。画像処理チップ「HTC ImageClip」搭載の高性能カメラを背面に搭載する

 HTCの海外製スマートフォンDesire Xがアキバ店頭にやってきた。以前ご紹介したエントリーモデル「Desire V」にソックリな外見をしているが、デュアルコアCPUの搭載やメモリー容量が向上し、ミドルレンジモデルへとスペックアップが図られている。

 さらにこの端末のトピックとなるのは、強力なカメラとオーディオ機能だ。F値2.0、28ミリ広角レンズを採用したカメラは起動わずか1秒。暗所における撮影も可能なほか、動画撮影中に静止画ショットを撮影できるなど、上位のHTC Oneシリーズに匹敵する性能をもっている。また、Beats Audioの高品質なオーディオ機能も搭載するという、お手頃ながら侮れない端末だ。

外見はエントリーモデルの「Desire V」(左)がベースになっており、両者の見た目にほとんど違いはない。「V」のデザインが好きだった、という人は高性能になった「X」を選ぼう
側面には電源ボタンとボリュームボタン、イヤホンジャックが並ぶだけのシンプルなデザイン。SIMカードやmicroSDはカバー内部のスロットに格納される

 CPUはクアルコムのSnapdragon S4 1GHz、メモリーは768MB、内蔵ストレージは4GB。外部ストレージはmicroSDに対応する。カメラは500万画素で、Bluetooth 4.0、無線LAN機能を搭載。OSはAndroid 4.0。

 本体サイズは幅62.3×奥行き118.5×高さ9.3mmで、重量は114g。対応する通信方式は、GSM/GPRS/EDGE 1900/1800/900/850MHz、HSPA/W-CDMA 2100/900/850MHz。イオシス各店にて3万4800円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン