このページの本文へ

セシール、新宿駅にタッチデバイス付きの交通広告掲出

2012年10月03日 01時06分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

『ANITA ARENBERG(アニタ・アレンバーグ)』 セシールは10月2日、同社が展開する女性ファッションブランド「ANITA ARENBERG(アニタ・アレンバーグ)」のマーケティング施策の一環として、東京メトロ新宿駅構内に、スマートフォンですぐに購入できるタッチデバイスを設置した大型交通広告を10月8日から掲出すると発表した。

 今回の交通広告は、同ブランドの最新アパレルやシューズ、バックなどによるコーディネートをモデルの岸本セシルさんが着用した、12のイメージビジュアルで構成。また、タッチデバイスを設置し、通行人がスマホでデバイスにタッチすることで、1000 円分の限定クーポンが入手できるほか、目の前の広告ビジュアルでモデルが着用している商品のWebページにリンクし、その場で購入できる。

 さらに、ブランドの公式フェイスブック用デバイスも用意し、ファンページへの誘導を実施。交通広告限定クーポンの付いたブランドの無料カタログも設置する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く