このページの本文へ

完全ワイヤレスに! ヤマハのフロントサラウンドに新モデル

2012年09月27日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「YSP-4300」のスピーカー部
「YSP-4300」のスピーカー部

 ヤマハから、フロントサラウンドオーディオシステム「YSP-4300」(予想実売価格18万円前後)と「YSP-3300」(同14万円前後)が発表された。11月発売予定だ。

 どちらもバータイプのスピーカーとサブウーファーがセットになったサラウンドシステム。音を壁に反射させることでサラウンド音場を実現する「デジタル・サウンド・プロジェクター」に属する製品で、YSP-4300はスピーカーを22個、3300は16個搭載する。

別体のサブウーファー。スピーカー部とはワイヤレスで接続する スピーカー部はテレビの前に置くことを前提としているが、テレビの画面が低い位置にある場合は足を取り外して画面に合わせて本体を低くできる
別体のサブウーファー。スピーカー部とはワイヤレスで接続するスピーカー部はテレビの前に置くことを前提としているが、テレビの画面が低い位置にある場合は足を取り外して画面に合わせて本体を低くできる

 新機種は独自のワイヤレス伝送技術である「AirWired」に対応。スピーカーとサブウーファーの間をワイヤレスで接続するほか、PCやiPhone(5は除く)、iPadなどの音声をワイヤレスで伝送できる。

付属のトランスミッター「YIT-W12」。PCとつなぐ場合はこのようにUSBケーブルを接続する iPadに装着しているところ。ドックコネクターを搭載するがiPhone 5の新コネクター形状ではない
付属のトランスミッター「YIT-W12」。PCとつなぐ場合はこのようにUSBケーブルを接続するiPadに装着しているところ。ドックコネクターを搭載するがiPhone 5の新コネクター形状ではない

 本体に付属するAirWired専用のトランスミッターをPCやiPodなどの機器に接続することで音声を伝送する仕組み。トランスミッターはドックコネクターとUSB端子を搭載しており、PCと接続する場合はUSB端子、iPadなどと接続する場合はドックコネクターを使用する。

 YSP-4300はUSB端子を装備し、有線でもiPadなどと接続が可能。また、FMチューナーを内蔵し単体でラジオを聞くことも可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン