このページの本文へ

頬に手を添える通話スタイルが奇抜なBluetoothブレスレット

2012年09月21日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 顔に手のひらを押し当てるようなスタイルで通話できるという、ブレスレット型のBluetoothアクセサリー「Bluetoothブレスレット&トーク」がイケショップで販売中だ。

これで通話してるの?と驚かれること請け合い。ユニークな通話スタイルが楽しめる「Bluetoothブレスレット&トーク」が発売だ

 本製品の特徴は、これまでに見たことのないような独特の通話スタイルを採用する点。見た目はカールコードでマイクユニットとイヤホンが繋がっている形で、普段はブレスレットのように腕に巻いたまま持ち歩くことになる。そしていざ電話着信の際にはバイブレーション機能で通知され、ペアリングボタンを兼ねた応答ボタンをポチッと押せばハンドセットさながらに通話できる。

 肝心の通話スタイルは、指の間に挟んだイヤホンを手のひらごと耳に押し当てるというもの。傍目には頬に手のひらを当てているだけのように見えるかもしれない、なかなかに斬新な使用方法といえる。

マイクユニットとイヤホンがカールコードで繋がっているというシンプルな構造。操作ボタンはペアリングボタンのみのため、音量調節が必要な場合は端末側で行なう仕組みだ

通話時にはイヤホンを指の間に挟み込むように持ち、そのまま耳に押し当てるようにして使用する。本体はカールコード状なので、腕の太さに関わらず誰でも装着できるという自由度の高さもウリ

 ショップによれば「自然な形で装着できて、さらに持ち歩きの負担にならない」とのことで、通常のヘッドセットとは違うスタイルを試してみたいという人には是非ともオススメしたい。

 対応規格はBluetooth 3.0+EDRで、通信距離は約10m。搭載ボタンはペアリングボタンのみで、ペアリングのほかにも着信応答と通話終了に使用できる。連続通話時間は最大3時間で、動作には内蔵バッテリーへの充電が必要だ。イケショップにて4980円で販売中。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン