このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第26回

最軽量で高音質! 小さくて全部入りのXperia SXを勧める理由

2012年09月26日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

薄くて軽くて音も良い!
携帯性にも優れる良スマホ「Xperia SX」

 「Xperia SX SO-05D」は、ドコモが2012年夏モデルとして販売中の、一番新しいXperiaだ。現・ソニーモバイルがこれまで国内で販売したスマホは計12機種存在する。Xperia SXはXperia rayと並び一番薄い9.4mm。重量はイー・モバイルからリリースされているSony Ericsson miniの99gよりも4g軽い95gと、ソニーモバイル製端末の中で一番軽い。とくに軽さに関しては国内のスマホで最軽量で、LTE搭載スマホでももちろん最軽量。とにかく軽くて気軽に持ち歩けるスマホが欲しいのであれば、Xperia SXの一択でキマリだ。

  小型スマホの重量とサイズ比較
Xperia SX 重量:約95g サイズ:54×9.4×115mm
Sony Ericsson mini 重量:約99g サイズ:52×16×88mm
Xperia ray 重量:約100g
サイズ:53×9.4~9.6×111mm
AQUOS PHONE st 重量:約108g サイズ:54×11.9×107mm

小さいけれど抜かりはナシ!
実は全部入りのスマホなんです

 同時期に発売された「Xperia GX」とスペックが似ているため、どちらを選ぶか迷う人もいるだろう。主な機能を比較すると、実はXperia SXの方が魅力的なことが分かる。もちろんディスプレーの大きさやバッテリーの容量などは異なるので、単純に比較するのは難しい。しかし、とくにワンセグや赤外線を重視するのであれば、Xperia SXを選択した方が後悔しないで済みそうだ。

Xperia SXとGXのおもな機能/スペック比較

  Xperia SX Xperia GX
ワンセグ ×
赤外線 ×
FeliCa
テザリング ○(最大10台) ○(最大10台)
LTE
防水/防塵 × ×
ディスプレー 3.7型(540×960ドット) 4.6型(720×1280ドット)
バッテリー容量 1500mAh 1700mAh
OS Android 4.0 Android 4.0
CPU MSM8960(1.5GHz)デュアルコア MSM8960(1.5GHz)デュアルコア

赤外線ポートは左上部のインカメラの右隣に搭載。正面下部の「SONY」ロゴ。GXは光るが、SXは光らない

旧ソニー・エリクソン時代のシンボルマークを背面下部に搭載する

ストラップホールは右側面下部にある

バッテリー容量は1500mAhと平均的だ

凹凸のない直線的なデザイン。背面両端がやや丸く、持ちやすい。microUSB端子カバーはない

Xperia SX SO-05D
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 3.7型液晶
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約54×115×9.4mm
重量 約95g
CPU Snapdragon S4 1.5GHz
(デュアルコア)
OS Android 4.0
メモリー容量 ROM:8GB/RAM:1GB
最大通信速度 14Mbps/5.7Mbps
外部メモリー microSDHC
(最大32GB)
Xi対応
無線LAN 2.4/5GHz対応
カメラ画素数 リア:約810万画素CMOS(裏面照射型)
イン:約31万画素CMOS
バッテリー容量 1500mAh
FeliCa
ワンセグ
赤外線
防水 ×
連続待受時間(3G/LTE) 約320時間/約240時間
連続通話時間(3G) 約350分
カラバリ Black/White/Pink/Orange

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン