このページの本文へ

USBメモリー経由でのOffice/PDFファイルの再生も

薄さ33mm/約450gの超小型プロジェクター「KG-PL033W」

2012年09月14日 06時00分更新

文● 糸井ウナム/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソリューションの「KG-PL033W」は、約450gとコンパクトな携帯型プロジェクターだ。同社PLシリーズでは最も薄型の33mm。ほぼ直方体の形状で、操作部分がLEDライトで浮き上がるタッチパネル操作に対応している。カバンの中にも収納しやすい1台だ。

KG-PL033W

 解像度1280×800ドット(WXGA)で、16:9のワイド映像の投影にも対応する。単焦点タイプで、1.3mの距離で40型、2.6mの距離で80型相当のサイズが得られる。明るさも330ルーメンと十分で、ノートパソコンのほかゲーム機やBDプレーヤーなどHDMI端子を備えたさまざまな機器を接続できる。

 本体サイズは幅158×奥行き103×高さ33mmで、重量は約450g。HDMI、アナログRGB、ビデオ端子などを装備。USBメモリーなどに保存したDivX、MPG、MOV、MP4、MP3、JPGファイルに加え、Word、Excel、PowerPoint、PDFファイルをパソコンなしに投影することもできる。

 光源にLEDを採用することで省電力と高寿命を実現。消費電力は70W(待機時は0.5W)で、エコモードにすることでさらに使用中の消費電力を約20%低減できる。LEDの寿命は3万時間で、年間300日10時間ずつ使用しても、約10年間使い続けられる計算。電源投入後、約4秒で起動し、約8秒で投影が可能になるクイックスタートに加え、余熱を考えず電源をオフにできるなど、軽快に使える点もLED搭載の利点だ。

 上下の台形歪みを自動調整する“オートキーストーン”機能なども持つため、設置・投影までの手間が大幅に低減される。

 価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は6万円前後。軽量コンパクトで手軽に使えるプロジェクターが欲しいと考えているユーザーにとって魅力的な選択肢が、またひとつ追加された。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ