このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

超便利なモバイルプロジェクター「QUMI Q2」を使い倒してみた!第1回

プレゼンがノートパソコン要らずに!? 単体でのOfficeファイル投影も!

1人1台必須!? 仕事で超使えるモバイルプロジェクター「QUMI Q2」

2012年06月06日 11時00分更新

文● 外村克也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

流行りのペーパーレスを実現すべく、資料配布代わりにモバイルプロジェクター「QUMI Q2」を利用してみた

数人の打ち合わせでもプロジェクターは大活躍!

 社内の紙利用をゼロにするという動き――いわゆるペーパーレス化が進んでいる。たまたま身近にそうした企業に勤める友人がいたので、「打ち合わせや会議の資料配布はどうしているの?」と聞いてみると、話が終わったあとにデジタルデータで配布しているという。

 資料や配布データを直接見られるノートパソコンやタブレット端末の利用率に加えて、プロジェクターの使用頻度もかなり上がっているそうだ。対面の打ち合わせならノートやタブレットの画面を見せれば十分かもしれないけれど、さすがに3人以上になるとプロジェクターがほしくなるとのことだった。

 その後は自慢の新オフィス話になったので、「はあ左様ですか。できるビジネスパーソン様は違いますね!」などと適当に相槌を打っていたところ、「最近は持ち運べる明るいプロジェクターも登場してるから1台買っておけば?」と、ガジェット好きの筆者としては聞き捨てならないひと言を残して“できるビジネスパーソン”は去っていった。

確かにプロジェクターは便利だが、大会議室向けというイメージが強い。小~中会議室は投影距離の問題で導入が難しい

ペーパーレスを指向して小~中会議室にディスプレーを配置する会社も増えてはいるものの、まだまだ少数派だろう

 調べてみたところ、いわゆる小型プロジェクターは、数年前から家電量販店の店頭に並んでいるようで、1万円程度から10万円を超えるものまで多くの機種が存在する。画質や光量などが異なるさまざまな製品があるのだが、大雑把にいうと5万円あたりを境目にして光量や機能が大きく変わるようだ。

 小型プロジェクターの多くはビジネスユースを視野に入れており、5万円を超える製品では2500ルーメンを超える光量を持つモデルが中心になる。その分、大きさと重量もひと回り大きく、本体だけで1kgを軽く超えてしまう。

 最近の注目株は光源としてLEDを搭載した製品。ご存知のようにLEDは消費電力が少なく、サイズも小さいので、プロジェクターのコンパクト化には最適だ。ただし、LEDはこれまでのランプに比べて光量が少なく、100ルーメン程度の製品もザラ。日中で光を遮れない会議室での利用を考えると心もとない。

 そんななか発見したのが、アドトロンテクノロジーの「QUMI Q2」。幅160×奥行き100×高さ32mm、重量は495gというコンパクトぶりに加え、光量はLEDタイプでは珍しい300ルーメンを実現している。日中の室内でも綺麗に投影できると評判らしいので、さっそく実機を借りて試してみることにした。

アドトロンテクノロジーのモバイルプロジェクター「QUMI Q2」(オープンプライス/発売中)。カラーはホワイトとブラックの2種類

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中