このページの本文へ

「クラウド・ロードバランサ」

CDNJ、他社サーバーに対応するクラウド型ロードバランサー

2012年09月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月4日、シーディーネットワークス・ジャパンは「クラウド・ロードバランサ」の提供開始を発表した。

「クラウド・ロードバランサ」の仕組み

 クラウド・ロードバランサは、コンテンツ配信時のWebトラフィック管理をあらかじめ設定したポリシーに沿って、ユーザーでリアルタイムにコントロールできるクラウドベースのグローバル負荷分散サービス。

 同社のCDNサービスだけでなく、クラウド(IaaS)やデータセンター、自社サーバーなど他インフラとの組みあわせにおいても、柔軟・迅速・確実にトラフィックをコントロールできるという。たとえば、国内は自社サーバーから配信、海外へはCDNサービスを利用し、40%のトラフィックをクラウドサービスに割り当て、60%をCDNサービスに割り当てるといったことが可能になる。

 サーバーのIPアドレスの登録や有効/無効化などの操作は、ユーザー専用サイト(カスタマーポータル)で行なえる。無効化されたIPアドレスはポリシーに反映され、ヘルスチェック機能により、登録したIPアドレスを持つサーバーのモニタリングが可能だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ