このページの本文へ

BtoC-EC市場規模、8.6%増の8.5兆円に

2012年08月31日 01時05分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 経済産業省は8月28日、「平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、11年の日本のBtoCEC市場規模は、前年比8.6%増の8.5兆円となった。また、ECの浸透を示す指標であるEC 化率についても、同0.3ポイント増の約2.8%に上昇した。

 業種別動向としては、ほとんどの業種で前年に比べ市場規模が増加。特に小売業のうち、医薬化粧品小売、衣類・アクセサリー小売、食料品小売においては、対前年比20%以上の伸びを示した。

 日米中の3カ国相互間におけるBtoC越境EC市場規模をみると、中国の消費者が日本サイトから購入する市場規模が1096億円、米国サイトから購入する市場規模は1235億円となり、3カ国のなかで最大の市場となっている。

 調査方法は、文献調査、事業者を対象にしたヒアリング、消費者を対象にしたグループインタビュー、アンケートなど。

 ■「調査結果」(http://www.meti.go.jp/press/2012/08/20120828002/20120828002.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く