このページの本文へ

元ヤン・元ギャル、仲間や家族との絆重視…博報堂DY

2012年08月30日 00時50分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所は8月28日、自称元ヤン・元ギャルを対象に、消費行動・メディア行動の実態を把握する「元ヤン・元ギャル男女メディア・生活実態調査」を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、地元の友人と週に1回以上会って話す人は38.3%と、「一般」より10 ポイント以上高い結果となった。また、20代で子供をもうける人が38.0%と高い割合を示し、仲間や家族とのコミュニケーションを重視する傾向が伺えた。

 メディア接触については、テレビの視聴時間が「一般」より16分以上長く、情報収集はテレビがメインであることがわかった。SNSの利用頻度は「一般」より10ポイント低いものの、携帯・スマホからのインターネット接続時間が長く、通話頻度も高かった。

 「お金はあれば使う」と回答した人は全体の64%を占め、とくに「酒」(67.3%)、「パチンコ・スロット」(23.3%)の比率が高かった。一方で、73.0%の人がディスカウントストアを利用し、26.6%の人がリーズナブルな無料通話アプリを利用するなど、嗜好品や娯楽に一定のお金をかける消費行動が見られた。

 ■「調査結果」
http://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/08/HDYMPnews120828.pdf

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く