このページの本文へ

電通、流行先読みサービス「電通トレンドソナー」開発

2012年08月29日 00時58分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 電通は8月27日、電通パブリックリレーションズ(PR)および電通マーケティングインサイト(DMI)と共同で、流行の先読みサービス「電通トレンドソナー」を開発した。

 同サービスは、高感度な消費者へのリサーチ、有識者・専門家へのヒアリング、ソーシャルメディア上での口コミ分析を組み合わせることにより、様々なカテゴリーにおけるこれからの流行の兆しをレポーティングするサービス。

 仕組みとしては、まずDMIが高感度な消費者のネットワーク「アンテナー」を活用して、流行の兆しの候補群を抽出。「アンテナ―」から抽出された兆しを精査するため、電通や電通PRが有する有識者・専門家ネットワーク「バリュエーター」へのヒアリングを行う。これらの同作業では、クライアントのニーズを組み込んで設計する。

 最終的には「Valuator」によって精査された兆しに関するソーシャルメディア上での口コミ動向をチェックし、トレンドやブームを可視化する。サービス開始当初のレポーティング対象カテゴリーとしては、「食」、「ファッション」、「健康」、「主婦」「女子高生」「シニア」などを予定している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く