このページの本文へ

鈴鹿サーキット「Pokka 1000km」流し撮り講座【前編】

高速レースカーを流し撮り! 鈴鹿西コース撮影スポット&テク編

2012年08月28日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バトルが随所で見られる
鈴鹿サーキットの西コース

 一般観戦席で行ける西コースの名所は、シケイン手前の130R、ヘアピン、200R、スプーンカーブ、西ストレート(バックストレート)。今回は130Rは紹介していないが、これには理由がある。近くてそこそこ撮りやすそうに思えるが、車両の進入がエキゾーストノート(排気音)でしかわからないため、実は慣れていないと撮りにくい。そのため今回はスルーした。

 というわけで、ヘアピン、200R、スプーンカーブ、西ストレートの撮影ポイントを紹介していく。また写真にはそれぞれ撮影データを掲載しておくので、参考にしてもらいたい。スプーンカーブまでは、正面ゲートから約3kmほど歩く点に加えて、ヘアピン以降、自販機も売店もないのがお約束なので、事前に腹ごしらえと水分を確保しておこう。

メインゲートから、テクテクと最終コーナー側に向かって歩き、さらに130Rを目指して歩いていくと、西コースに入るサーキット内各所にはコース案内図がある。メインストレートからスプーンカーブまでは、片道約3kmほどの道のり
各所にはクールダウンエリアがあるのだが……機材保護のため無縁なのがカメラ野郎どもの悲しい運命だ僻地に入る前は必ず水分を確保
ヘアピンにある売店が最後のオアシス(F1のときは、スプーンに売店や自販機はある)ちゃんとヘアピン売店の前には、このような警告看板がある

撮影スポット説明前に
ボディーの設定とレンズを確認

 冒頭でも書いたが、オート設定のままではかっこいいレース写真は撮りにくい。完全に正面やバックショットであれば、ブレもなく安心なのだが、真横や斜めといったアングルの場合だと、ホイールが回転しておらず「停車時」を撮影した感じになってしまう。というか、よく知らない人が見ると「停まってるところを撮ったの?」とまず言われる。

 以下、レース写真については、撮影データを掲載していく。表記ルールは、焦点距離、シャッター速度、絞り、露出補正、ISO感度の順。「280mm 1/500 f5 -0.7EV ISO50」というように表記している。また、焦点距離はEXIFデータのもの。実焦点距離はその値を1.5倍にしたものになる。

ヘアピンで撮影したもの。微妙にタイヤ外周部は流れているが、ホイールはカッチリ止まっているため、停車している感がすごい。280mm 1/500 f5 -0.7EV ISO50

 まず設定は、オートモードから脱却して、シャッター速度優先モード(Sモード、Tvモード)に切り替えよう。そしてシャッター速度は、まず1/250にしてみよう。ヘアピンは距離が近いため、1/500でもいい。そして手ブレ機能はオフに。なぜかというと、横振りをすることになるため、手ブレ機能がオンになっていると、成功したのにカメラ側の補正で失敗した絵になってしまうからだ。

 ISOについては、お天気次第だが、基本的には一番低い数値を選ぼう。逆に真正面や真後ろからのショットを撮りたい場合は、ISO400~800にしてシャッター速度を1/1250以上にしよう。慣れてきたらマニュアルモードが一番だが、ハイエンド機種は別として、マニュアルモード時に露出補正ができないボディーも存在するため、Tvモードを推しているわけだ。

 以下の写真4点は、ほぼ同じ焦点距離からシャッター速度を変更していったもの。低速になるにつれて、タイヤだけでなく、背景が流れ始める様子がわかるだろう。

スプーンから撮影した写真。210mm 1/1600 f5.6 -0.3EV ISO200やや角度と焦点距離は異なるが、シャッター速度1/800。230mm 1/800 f4.0 -0.3EV ISO50
シャッター速度1/250。シャッター速度1/500を撮り忘れてしまったが、シャッター速度1/250~500あたりから、タイヤがキレイに回り出す。210mm 1/250 f7.1 -0.3EV ISO50シャッター速度1/60。見事に振り遅れの写真だが、わかりやすいから掲載した。他の写真と比べてもわかる通り、タイヤだけでなく、背景の流れ具合もステキになっている。230mm 1/60 f13 -0.3EV ISO50
シャッター速度1/250あたりから、手ブレの影響が出始めるが、デジタルカメラはいっぱい写真が撮れるので、あまりに気にせずトライ&エラーで、流し撮りを体に染みこませていけばいい。230mm 1/60 f13 -0.3EV ISO50

 レンズは、イメージ的に白色の高価格でゴツイのが必要と思いがちだが、あながちそうでもない。エントリーモデルからミドルモデルまでは、APS-Cで35mm換算すると、記載倍率よりも1.5倍の計算になる。つまり、300mmまでのズームレンズであれば、450mmになる。まったく問題はないし、広く撮りたい場合は広角側に切り替えればいい。

 晴天下のレースでシャッター速度を落として流し撮りをする場合、絞りはF8~F10前後になるため、キットレンズであっても明るさ的には問題なく、意外とサーキット撮影の準備は早い段階で整っているのだ。なにより白色のお高いレンズよりも軽いため、レンズを振りやすく、フォームを身につけるに適している。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ