このページの本文へ

日本のSNS人口は5060万人、FB利用者が急増

2012年08月24日 01時21分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 インプレスR&Dは8月24日、ソーシャルメディアの最新動向を多角的に分析した「ソーシャルメディア調査報告書2012」を発行した。

 報告書によると、2012年5月時点での日本のソーシャルメディア人口の推計値は5060万人となり、昨年の3530万人から1530万人増加した。特にこの2年間で加速度的に伸び、そのうち投稿や書き込みなど、何らかの情報発信を行っているユーザーは3290万人と推計され、ソーシャルメディア利用者の65.0%に該当している。

 また、SNSの利用率は、mixiが26.1%(昨年27.0%)、Facebookが24.5%(同8.3%)、Mobageが8.4%(同6.3%)、GREEが7.8%(同8.3%)となっており、Facebookが大きく躍進した。この結果、SNSもしくはマイクロブログを利用しているソーシャルメディア利用者はインターネットユーザーの52.0%にあたり、2人に1人が利用していることが分かった。

 インターネットユーザーに占めるLINE利用率は、「利用している」と「試しに利用した程度」を合わせて21.3%となり、最も利用率が高いのは男性10代の46.3%、次いで女性20代の43.4%、男性20代の32.7%となっている。

 ■「調査結果」(http://www.impressrd.jp/news/120822/socialmedia2012

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く