このページの本文へ

シニアのSNS利用者、4割が「週2~3日以上使用」

2012年08月02日 01時05分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 クロス・マーケティングは8月1日、全国の60~79歳の男女1200人に、「シニアのライフスタイルとSNS利用」に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、商品やサービスの情報収集に役立っている媒体は、「新聞広告/記事」(61.2%)、「テレビCM」(59.8%)、「テレビ番組」(58.6%)とマス媒体がトップ3にあがった。

 情報収集についての関心/意識では、「気になることがあるとすぐに調べる方だ」で、あてはまる計が73.3%と高かく、情報感度はSNS利用者(25.3%)が非利用者(10.7%)を大きく上回った。

 ライフスタイル満足度において、「非常に満足している」が高いのは、「家族との関係」(11.3%)と「趣味」(10.2%)。満足レベルでも、SNS利用者(11.8%)が非利用者(7.5%)を上回った。SNSの利用頻度は、「週2~3日以上」(40.2%)の人が4割を占め、サイトの満足度は概ね30~40%あり、全般的に利用継続意向が50%を超えた。

 調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は7月12日。

 ■「調査結果」(http://www.cross-m.co.jp/report/report.html$/rid/11520/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く