このページの本文へ

Thermaltake「ARMOR REVO」、「Armor REVO Snow Edition」

ThermaltakeからフルタワーPCケース「ARMOR REVO」が登場

2012年07月07日 23時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeの「Armor」シリーズからフルタワーPCケース「ARMOR REVO」(型番:VO200M1W2N)と「Armor REVO Snow Edition」(型番:VO200M6W2N)が発売となった。

ThermaltakeのフルタワーPCケース「ARMOR REVO」。カラーは一般的なブラックに加えて、ホワイトモデルがラインナップされる

 「Armor+」のデザインコンセプトであるウィング状のアルミ製フロントベゼルを継承する特徴的なデザインの「Armor REVO」シリーズ。
 フルタワーらしくドライブベイレイアウトは豊富。5インチオープンベイ×4、3.5インチオープンベイ×1(5インチと共用)、3.5インチシャドウベイ×6を搭載。シャドウベイはすべて2.5インチ対応で、防振設計のドライブトレイを採用。トップには2.5/3.5インチSATAドライブがそのまま装着できるドッキングベイも備えている。

内部の構成。シャドウベイはすべて2.5インチ対応で、防振設計のドライブトレイを採用している

 次に冷却システム。フロント吸気200mm(600~800rpm/13~15dBA)、トップ排気200mm(600~800rpm/13~15dBA)、リア排気140mm(1000rpm、16dBA)、サイド吸気200mm(ホットスワップ対応/600~800rpm/13~15dBA)を標準装備。オプションでトップに140mmもしくは120mmファンとボトムに120mmファンを追加可能となる。またフロント、トップの静音Colorshiftファンは、本体フロントに配されたファンコントローラーで発光パターンと回転数を変更可能だ。
 そのほか、左サイドパネルにはヘッドフォンホルダーを搭載。サイズは254(W)×552(D)×586(H)mm、重量11.5kg。拡張スロットは8段で、ビデオカード搭載スペースは最長330mm。搭載可能CPUクーラーは高さ180mmまでというスペック。
 価格はツクモパソコン本店で2万1980円となっている。

トップには2.5/3.5インチSATAドライブがそのまま装着できるドッキングベイを搭載。拡張スロットは8段で、ビデオカード搭載スペースは最長330mm。搭載可能CPUクーラーは高さ180mmまでというスペックだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中