このページの本文へ

50ユーザーから利用可能な低価格のエントリープラン「Bizメール ライト」も

仮想プライベートクラウド対応「Bizメール エンタープライズ」

2012年06月27日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月26日、NTTコミュニケーションズは企業向けクラウド型メールサービス「Bizメール」に低価格のエントリープラン「Bizメール ライト」と高機能プラン「Bizメール エンタープライズ」を追加した。

「Bizメール」は企業向け仕様であり、モバイルにも対応する

 Bizメール ライトは、機能をシンプル化して低価格で提供するというプラン。50~500IDを利用するユーザーが対象で、料金は1IDあたり月額330円から。ドメイン名や利用ID数を記入するだけで申し込め、申し込み後の約10日で利用できる。

 一方のBizメール エンタープライズは、Bizメールの全機能を利用できるプラン。VPN接続により、社内イントラネットのシステムと一体化した「仮想プライベートクラウド」のメール環境を実現できる。また、企業向けグローバルネットワークサービス「Arcstar Universal One」や各種クラウドサービスとも接続可能だ。

 100ID以上を利用するユーザーが対象。料金は、VPN接続が月額5万5000円、1IDあたり料金は月額330円となる。利用形態に合わせたパラメータ設計サポートサービスや利用中のオンプレミス環境などからの移行サポートサービスも用意する。

「Bizメール ライト」と「Bizメール エンタープライズ」の料金メニュー(一部)

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ