このページの本文へ

ソニーがiPhoneに急接近!? ポータブルスピーカー発売

2012年06月28日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ホワイトとブラックのカラバリを用意する「SRS-BTD70」
ホワイトとブラックのカラバリを用意する「SRS-BTD70」

 ソニーから、iPhone/iPod向けのポータブルスピーカー2モデルが発表された。どちらも7月21日に発売予定だ。

 「SRS-BTD70」(予想実売価格8000円前後)は、Bluetooth接続のワイヤレススピーカーで、iPhone/iPadはもちろんAndroidスマートフォンなどでも利用できる。

 幅206×奥行き77×高さ63mmという小型サイズながら、ステレオスピーカーとサブウーファーを内蔵するのが特徴。迫力のある音を再生できる。

 重量は約620g。単3電池×3本で稼働できるため持ち運びも可能だ。電池による再生時間が約15時間と、かなり長時間使えるのも本機の魅力だ。

側面には電源ボタンとボリューム、外部入力切り替えボタンなどを装備 背面には音声入力端子とACコネクターがある。蓋を開けると電池室になっている
側面には電源ボタンとボリューム、外部入力切り替えボタンなどを装備背面には音声入力端子とACコネクターがある。蓋を開けると電池室になっている

 本体にアナログ音声入力端子を備えるので、有線接続のスピーカーとしても利用可能。なお、DockコネクターやmicroUSBなどのスマホ用接続端子はなく、再生機器への充電には対応していない。

「SRS-GM7IP」。iPhone/iPodに専用アプリを導入することで目覚まし時計として使える 「SRS-GM7IP」。iPhone/iPodに専用アプリを導入することで目覚まし時計として使える

 「SRS-GM7IP」(予想実売価格8000円前後)は、ウォークマン用のポータブルスピーカー「RDP-NWM7」をiPhone/iPod用にしたモデル。本体前面にはWMポートの代わりにDockコネクターを装備する。コネクターは可動式となっており、iPodの全モデルに対応する。

 単4電池×4本で稼働し持ち運びが可能。電池で約10時間稼働できる。もちろんACアダプターによる稼働もでき、その場合はiPhone/iPadに充電できる。

 さらにソニーが提供している「D-Sappli」という目覚ましアプリに対応。アプリ側で起きる時間を設定しておけば、連動してスピーカーの電源がオンになり、あらかじめ設定した音楽を再生してくれる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン