このページの本文へ

Windows Phone「Lumia 900」にシアンが追加でコンプ!

2012年06月21日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Nokia製のWindows Phone端末「Lumia 900」のカラバリ「シアン」がJan-gle3号店で販売中だ。同シリーズのラインナップとしては、先週から販売がスタートした「ホワイト」に続いての登場となる。

NokiaのWindows Phone端末最上位モデル「Lumia 900」のシアンモデルが入荷。シングルコアCPU搭載ながら操作感は非常に快適だ

 NokiaのWindows PhoneフラッグシップモデルLumia 900に新たなカラバリ「シアン」が登場した。先行して販売が行なわれている「ブラック」と同様、つや消しマットタイプのカラーリングを採用している。今回の入荷により、Lumia 900のカラバリ3色すべてが出揃った。

カラフルながらマットタイプで落ち着いた印象。ピン使用に変更されたSIMスロットやイヤホンジャック、USB端子などインターフェイスは上部に集中している

 液晶ディスプレーは「Lumia」シリーズ最大の4.3型(480×800ドット)サイズで、CPUはQualcommの「Snapdragon APQ8055 1.4GHz」、メインメモリーは512MB、16GBのストレージを搭載する。

 一見すると最新の上位スマートフォンとしては微妙なスペックに思えるものの、実際に試した印象としてWindows Phone 7.5端末の“ヌルヌル”操作は想像以上に快適。カラバリの選択肢が広がったこともあり、Windows Phoneが初めてという人もその快適さを最上位機種で試してみてはどうだろうか。

側面には音量調整ボタンと電源ボタン、シャッターボタンが並ぶ。背面にはCarl Zeiss製の800万画素カメラを搭載
3.7型液晶を採用する「Lumia 800」(左)に比べると随分大柄な印象を受ける。付属品は充電ケーブルやイヤホン、“NOKIA印”のSIMスロットピンなど

 本体サイズは幅68.5×奥行き127.8×高さ11.5mmで、重量は160g。IEEE 802.11b/g/nの無線LANやBluetooth 2.1+EDRなどをサポートする。販売中のJan-gle3号店における価格は、6万4800円。なお、イオシス アキバ中央通店でも21日中にシアンモデルが入荷するとしており、入荷次第5万9800円で販売するとのこと。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン