このページの本文へ

NEC、家族で使える10.1型タブレット「LifeTouch L」

2012年06月18日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは10.1型ディスプレーを採用したAndroid 4.0搭載タブレット「LifeTouch L」を発表。7月5日に発売する。NEC単独では初めてとなるコンシューマー向けのAndroidタブレットで、家族で利用できる点を1つの特徴としている。ハードウェアを中心にすでにレビュー記事を掲載しているが(関連記事)、本記事では発表会の様子やソフトウェアなどについて見ていこう。

MEDIAS TABのCMなどでおなじみのモデルの澤田由希さんも登壇

 まず、個人向けに用意されているのは、内蔵ストレージが32GBの「TLX5W/1A」、16GBの「TLX0W/1A」の2モデル。想定実売価格はそれぞれ5万円前後、4万円台半ば。店頭で中心となるのは32GBモデルとなる。

 レビュー記事でも掲載したが、薄く・軽く・高性能(約257×181×7.99mm/約540g、CPUは1.5GHz動作でデュアルコアのOMAP 4460 HS)というのがハードウェア的な特徴。一方で、利用シーンや利用者層の拡大を意識して、「迷わず使える工夫」をいろいろとこらしている。

カラバリはコンシューマー向けモデルは写真のホワイト

 たとえば32GBモデルには約50本のソフトウェアをあらかじめインストール。目的志向でアプリを探せる「アプリ&サポートナビ」も用意している。

 また、タブレット端末になじみやすい子供向けに、機能を制限する「こどもーど」を容易。子供が使っているときには、使えるアプリを制限したり、ウェブフィルタリングを自動で適用することなどが可能になっている。

ただアプリを多数搭載するだけでなく、目的からアプリを探せる専用ランチャーも用意している

 外部機器との連携も可能で、デジカメをUSB経由で接続して、写真を取り込んだり(LifeTouch LをUSBホストとして利用するためのケーブルが標準で付属する)、レコーダー内の録画データをDTCP-IPを利用して再生したり、プリンターを接続して印刷するなどの機能が利用できる。

デジカメやプリンターとの連携も重視。USBホストケーブルも付属する

 またNECが継続して取り組んできた、タブレット端末を含むソリューション展開も拡大する予定で、紛失対策や不正アプリ対策などのセキュリティー機能がビジネス向けモデルでは提供される。

 ディスプレーは10.1型のIPS液晶で、画面解像度は1280×800ドット。DTCP-IP経由でデジタル放送の録画データも快適に再生できる処理性能を持つという。無線LANは2.4GHz帯/5GHz帯の両対応。カメラは500万画素。バッテリー駆動時間はウェブ閲覧時で約13時間。

microHDMI端子も搭載。本体上部には謎の開かないスロット穴も。3Gモデルも想定はあったが、今回は提供されないという

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン