このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ディスプレイ魂

スマホを大画面・高画質で楽しめるディスプレイが登場!! RDT234WX(BK) 

2012年06月05日 11時00分更新

文● 藤田忠、●イラスト highBridgeStudios、加山紀章、●撮影 岡田清隆

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
三菱

 三菱ディスプレイDiamondcrysta WIDE RDT234WX(BK)

液晶パネル 23インチIPS液晶(1920×1080ドット)
輝度 250cd/m2
コントラスト比 "8000:1(CRO非動作時1000:1)"
応答速度 3.5ms(GTG)
本体サイズ、重量 545(W)×170(D)×394(H)mm、約4.9kg(スタンド含む)

“使える”魅力満載の全部のせディスプレイ

【新デザインの多機能リモコン】スマホに適した画質へ切り替える"モバイル"ボタンを装備。画質調節などもリモコンでラクラク操作できる。
【豊富な入力端子】DVIとD-Sub15ピンに加えて、2系統のHDMIとD端子を装備。HDDレコーダーやゲーム機とスマホもつなぎ換え不要で使える。

 豊富な映像補正機能や色鮮やかで、視野角が広いIPS方式パネルといった液晶選びのポイントを網羅する『RDT234WX(BK)』。3D表示こそ非対応だが、三菱ディスプレイで、お馴染みの映像高画質技術に加えて、スマホに保存した動画や写真を大画面でキレイに、見やすく表示できる新たな機能を搭載。さらに高透過率IPS方式液晶パネルの採用により、同じ明るさを維持しながら現行機※1に比べて約29パーセントの削減となる35ワットの低消費電力化を実現しているのも魅力だ。省エネ電力量をリアルタイム表示する便利で、うれしい省エネ機能が備わっているのもグッド。

 充実の高画質機能と入力端子、使い勝手抜群のリモコン、高い省電力性能。そして、3万円半ばのお手ごろ価格と、文句のつけどころがない『RDT234WX(BK)』は、イチオシのマルチメディア液晶といえる。

※1『RDT233WX(BK)』


自宅で新たな使い方“スマホビュー”
スマホに保存した動画や写真を大画面で堪能

スマホやタブレットを徹底活用できる!!

【編集部ジャイアン鈴木】複数のスマホを使うモバイル大好き人。最近、PCとスマホの画面の往復で、首が疲れ気味に。

 魅力が満載の『RD234WX(BK)』のなかでも、秀逸なのが〝スマホビュー〟機能だ。スマホで撮影した動画や写真はもちろん、ゲームやワンセグなどをスマホとはひと味違った大きな画面で楽しめる。当然、スマホ表示時も三菱ならではの高画質化機能を使えるのが良い。ドコモやauが提供するスマホ向け動画配信サービスの映像も、〝動画(高解像度/低解像度)〟モードを選べば、よりキレイな画質と大画面で視聴できる。

【PC要らずで楽しめる】メールやウェブ閲覧、動画/音楽視聴なら、サッと使えるスマホやタブレットで行なうのもありだ。

 また、縦表示時の余分な黒帯をなくせるスマホ向け子画面表示の〝画面スタイル〟機能も便利で、〝ながら〟作業が超快適になる。〝スマホビュー〟を活用して、スマホやタブレットの可能性を最大限に引きだそう。

スマホの縦表示も見やすく表示

【表示画面を簡単切り替え】"スタイル"ボタンを押すだけで、余分な黒帯がない縦表示にチェンジ。子画面時も見やすく、最大サイズでも文字がぼやけることなどはない。
【子画面のサイズ調整も可能】アンドロイドやiPhone用に加えて、小画面の表示サイズの調節可能なモードも備える。
Dockコネクターを装備するので、充電しながら動画を大画面で楽しめる。

HDMI出力対応スマホが基本iPhone4/4Sならアダプターを!!

 スマホの出力端子はマイクロHDMIが多いので、マイクロHDMI→HDMI変換ケーブルなど使って接続しよう。なお、iPhone4/4SやiPadなら、アップル純正の"Digital AV Adapter"を使えばHDMI出力が可能だ。

三菱ディスプレイ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン