このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

太陽を求めて北へ! 129年ぶりの金環日食を撮影してきた

2012年05月22日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京は残念ながら曇り予報
ならば太陽を求めて北上だ!

 当初、筆者は翌日開業する押上の東京スカイツリーと組み合わせた写真を撮影しようと考えていた。だが、前日の段階で予報は曇り。翌日の朝4時に起床して「GPV 気象予報」で当日の雲の動きの予報を確認してみたが、やはり曇りだった。

 晴れ間を探してみると、若干北側ではあるが埼玉県の中部付近は雲が晴れる予報となっていたので、関越自動車道を使って北上した。6時に高坂サービスエリアへ到着したところ、晴れ間が広がっていたため、この地で撮影をさせてもらうことにした。というわけで、食の開始から、食の終わりまで撮影してきたので、何点か写真をご覧いただきたい。

当初の予定では、ご覧のような写真を創りだそうと思っていたのだが……

高坂サービスエリアは、ご覧のように曇り予報の東京から多くの人が訪れていた

今回の撮影に使用した機材をセッティングした写真。周りに写っているのは筆者と筆者の高校の友人の撮影機材

6時29分撮影

7時9分撮影

7時32分撮影

7時36分撮影のリング

7時39分撮影。食の最大を過ぎて、徐々に太陽が元の姿へ

8時7分撮影

8時42分撮影

9時4分撮影。日食終了

おまけに、木漏れ日によって影が日食に

 最後に、今回、フィルターを購入した人や日食メガネを購入した人は、6月6日にも注目していただきたい。6月6日に何が起きるかというと、金星が太陽の前を通過する“金星日面経過”があるのだ! せっかく購入した機材。1回だけ使ってタンスの肥やしにしてしまうのはもったいないぞ。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン