このページの本文へ

NECパーソナル、最大13時間駆動の13型ノート「LaVie M」

2012年05月08日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月8日、NECパーソナルコンピュータは、13.3型ノート「LaVie M」シリーズの夏モデルとして、第2世代Core i7-2637M搭載の「LM750/HS」、第2世代Core i3-2367Mの「LM550/HS」を発表した。価格はオープンプライス。店頭想定価格は、LM750/HSが16万円前後で、LM550/HSが13万5000円前後。発売予定はそれぞれ5月上旬。

「LM750/HS」「LM550/HS」

 LM750/HSの仕様は、第2世代Core i7-2637M(1.70GHz)、8GBメモリー、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)、約750GB HDD、Blu-ray Discドライブ。LM550/HSは、第2世代Core i3-2367M(1.4GHz)、4GBメモリー、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)、約750GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ。

 サイズは、それぞれ約幅330×奥行き223×高さ31.5mm。重量は、LM750/HSが約1.9kg、LM550/HSは約1.88kg。バッテリー駆動時間は、LM750/HSが約12.8時間、LM550/HSが約13.2時間。

 このほか節電機能を強化しており、電力需要のピーク時間帯に電源供給をACアダプターからバッテリーに自動的に切り替える「ピークシフト設定ツール」を搭載。東京電力の「でんき予報」など、東北/東京/関西/中部/九州の電力会社による電力予想使用率情報などと連動し、ピークシフトを行なう時間帯を自動設定できる(北海道/北陸/中国/四国/沖縄は非対応)。

 また、ECOボタンを押すことで「ECOモード」に切り替えて、あらかじめ設定された電源プランで動作させることも可能。電源プランの内容は、「ECOモード設定ツール」でカスタマイズできるようになっている。東北/東京/関西/中部/九州の電力会社の場合は、電力使用実績に応じた自動切り替えが可能となるほか、電力使用実績が95%を超えた際に、電力の使用停止を呼びかけるメッセージを表示する。

主なスペック
製品名 LaVie M
型名 LM750/HS LM550/HS
店頭想定価格 16万円前後 13万5000円前後
CPU 第2世代Intel Core i7-2637M(1.70GHz) 第2世代Intel Core i3-2367M(1.4GHz)
チップセット Mobile Intel HM65 Express
メインメモリー(最大) 8GB PC3-10600(8GB) 4GB PC3-10600(8GB)
ディスプレー(最大解像度) 13.3型ワイド(1366×768ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 約750GB HDD
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、HDMI端子、アナログRGB端子、WiDi、HDウェブカメラ(約30万画素)
カードスロット SD/SDHC/SDXCカードスロット
テレビ機能
サウンド機能 内蔵ステレオスピーカー、内蔵マイク、マイク入力、ヘッドホン/ライン入力
本体サイズ/重量 幅330×奥行き223×高さ31.5mm/約1.9kg 幅330×奥行き223×高さ31.5mm/約1.88kg
バッテリー駆動時間 約12.8時間 約13.2時間
オフィスソフト Microsoft Office Home and Business 2010 SP1
OS Windows 7 Home Premium SP1(64bit)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン